こいきたは毎日、恋をしたくなるようなあなたにぴったりな情報を発信するWEBメディアです。

こいきた | 恋する毎日が来る

妊活

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)は妊娠効果を高める作用がある理由

投稿日:2016年11月11日 更新日:

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)には、古代中国の時代から愛用されている多彩な生薬が含まれています。

主な生薬として、黄耆、人参、生姜、甘草などが含まれています。

特に重要なのが黄耆という生薬で、妊娠のために欠かせない強壮の効能を有しています。

臣薬の人参は、一般的には朝鮮人参と称されている生薬です。人参も妊娠のために役立つ生薬で、数多くの漢方薬で使われています。

補中益気湯には、体に気を送るための生薬が多く配合されているのが特徴です。

補中益気湯の意味は、お腹の調子を整えて気を補うことにあります。
漢方では、人体は気や血が体中の隅々まで巡ることで健康が維持されていると考えています。

気の不足を補うための生薬を補中益気湯から吸収すれば、妊娠のための効果も次第に高まっていくことになります。生薬の自然な効き目によって、人間が生まれつきにして持っている自然治癒力を引き出すことが大きな目的です。

補中益気湯の効果が高いことは、長年の経験によって明らかにされています。
傷寒論の時代よりは後になりますが、補中益気湯は中世の時代に中国で生まれた漢方薬です。

お腹の不調に効くことが800年ほども前に証明されて、今日では一般的な薬局でも購入可能な漢方薬として重宝されています。


スポンサードリンク


不妊の症状にも効く補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)は、漢方の古典書の一つの弁惑論に記載されている方剤です。多種多彩な生薬によって構成されて、気の不足を補う作用を持っています。

体力がなくて、疲れがたまっているときにも効果を発揮します。不妊の症状に対しても有効となるわけは、君臣佐使(くんしんさし)の作用で生薬が効き目を増大させているためです。
補中益気湯の君薬となる生薬は黄耆であり、臣薬として人参が配合されています。そのほかの生薬は補佐的な役割をして、不妊の症状に対しても効率よく力を発揮してくれます。

君薬の黄耆は、マメ科のキバナオウギという植物を原料とするもので、利尿や強壮などの効能を有しています。臣薬の人参とは、ウコギ科のオタネニンジンを原料とする生薬です。生薬の人参は不妊に対しても有効で、古代の昔から漢方薬で愛用されています。

漢方の考えでは、不妊の原因を体全体でとらえることが重要です。全身の気や血の巡りを改善させるために、補中益気湯は重要な効果を発揮してくれます。

さらに、津液の流れも良くすることで、免疫力までも強化できます。補中益気湯には新陳代謝を高める生薬も配合されていますから、体に生命力を与えるためにも役立ちます。原料は全てが植物由来ですから、安全性も高くなっています。

虚弱体質の改善に効果があり副作用がほとんどない補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

補中益気湯で妊娠効果をチェック
もともと身体が丈夫でない人がおられます。いわゆる虚弱体質です。胃腸の調子が悪かったりして、消化吸収がうまくいかず食べ物から栄養をうまく取り入れることができません。

それによって疲れやすかったり、すぐだるくなってしまうことがあります。疲れを取るためにビタミン剤などを利用したり元気になるためにサプリメントを利用したこともあるのではないでしょうか。

しかし、なかなか効果を感じないということが多いはずです。いくら身体にいいものでも消化吸収しないと身体の隅々まで行き渡りません。周りの人に効果があっても自分はまったく感じないというのはそのせいです。元気になりたいという人は体質改善をすることが望ましいです。

虚弱体質を改善するにはいろいろな方法がありますが、漢方薬にもあります。補中益気湯(ほちゅうえっきとう)というものがあります。

補中益気湯は弱っている胃腸を元気にして消化吸収を良くすることによって、身体が丈夫になっていく漢方薬です。胃腸が丈夫になっていくことによって栄養をしっかりと吸収できるようになります。そして身体が元気になっていくのです。

補中益気湯にはほとんど副作用はありません。しかしゼロではないので、副作用が気になれば医師や薬剤師にすぐに相談しましょう。

妊娠力を高める効果もある補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)は、中世の時代に中国で生まれた漢方薬です。通常は虚弱体質や気虚の状態に対して用いますが、妊娠力を高めるための効果も有しています。君薬となる黄耆は補気薬として重要で、有効成分の働きで強壮や利尿の作用があります。

生薬の構成としては気を補うものが多いですが、佐薬となる当帰は補中益気湯の中で唯一の補血薬となります。妊娠力を高めるためには血の巡りを良くすることは特に重要ですから、当帰という生薬が絶妙な量で配合されています。

臣薬として配合されている人参は、オタネニンジンという植物を原料としている生薬です。人参は妊娠力を高める効果が高いことで有名で、不妊で悩む人にとっても有効な生薬です。

補中益気湯は、生薬の補気や補血の作用によってお腹の調子を改善させる漢方薬でもあります。本来の生命力を取り戻すために、君臣佐使の仕組みで配合されている生薬がマイルドな効き目を発揮します。

副作用が全くないわけではありませんが、安全性は長年の経験の中で確かめられています。正しく使うためには、薬剤師や医師と相談することも大切です。理想なのは漢方医学の四診を受けてから処方してもらうことですが、西洋医学の病院で処方してもらうことも可能です。


スポンサードリンク

-妊活

Copyright© こいきた | 恋する毎日が来る , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.