こいきたは毎日、恋をしたくなるようなあなたにぴったりな情報を発信するWEBメディアです。

こいきた | 恋する毎日が来る

妊活

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)は妊娠に効果はあるのか?

投稿日:

月経異常や更年期障害、肩こりなどの症状に悩まされている女性は多いですが、体に優しい方法で治したいという方には、桂枝茯苓丸という漢方を飲むことをおすすめします。

血液の流れを良くする成分が含まれているので、これらの症状を緩和させる作用があり、他にも生理前後の不快な症状を和らげたり、冷え性や更年期障害、めまい、むくみ、打ち身、頭痛などにも効果があります。

不妊の症状にも用いられることが多いので、なかなか妊娠しないことで悩んでいる方は使ってみるようにしましょう。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)を飲めば、基礎体温が理想的な状態となって妊娠しやすくなりますし、美肌にもなれるので、この漢方さえあれば、女性特有のトラブルに対し、高い効果を期待することが出来ます。

桂枝茯苓丸には桂皮を始め、芍薬、茯苓、桃仁、牡丹皮などの5つの生薬成分が配合されているので、飲めば血行が良くなりますから、冷えを感じにくくなったり、子宮炎症を鎮静させることも出来ます。

冷えやのぼせなどの症状は、体内の熱バランスが崩れている証拠ですが、桂枝茯苓丸を飲めばそれを改善できるので、妊娠しやすい身体になりたい方は試してみてください。

桂枝茯苓丸を飲むとまれに、胃の不快感や食欲不振、発疹などの副作用が起こることがありますから、注意するようにしましょう。


スポンサードリンク


桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)の副作用について

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)の副作用にはどんなものがあげられるでしょうか?ひとつは肝機能障害です。
GOT(アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ)やGPT(アラニンアミノトランスフェラーゼ)などの数値が上昇し、肝機能障害が現れる場合があります。

あるいは皮膚の色が黄色くなったり白目が黄色くなる、黄疸が現れる場合があります。もし万が一異常が認められたら服用はすぐに中止します。場合によっては、適切な処置が必要になる場合があるので医師に相談してください。

GOTやGPTが上がる場合は肝炎の疑いもあるので、要観察になります。

また全身のだるさも伴う事があるので要注意です。
桂枝茯苓丸は他にも副作用がでることがあります。

この場合は食欲不振や胃部の不快感、膨満感、胃腸障害、悪心、下痢などです。また妊婦が大量に服用すると思わぬ副作用が出ることがあるので、妊婦の服用については十分医師と相談する必要があります。

別の病気で治療を受けている人は、事前に医師もしくは薬剤師に相談してから服用すると安心です。また、妊娠の可能性がある人や以前に薬でアレルギーの症状を起こしたことがある人も、服用前に一度医師か薬剤師に相談の上、服用した方が良いです。

女性におすすめ桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)の効果とは?

女性におすすめ桂枝茯苓丸の効果
数ある漢方薬の中で、「女性におすすめ」と言われているのが桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)です。

桂枝茯苓丸の主な効果は、滞っている血流の流れを良くし、冷えなどを改善することです。

冷えを改善させる他にも、血流の流れを良くすることで、女性特有の病をも改善させる、といった嬉しい効果が期待できます。

女性特有の病とは、子宮内膜炎や月経不順、月経困難や更年期障害などの病のことです。

これらに効く、桂枝茯苓丸に含まれる成分には、桂皮(けいひ)、芍薬(しゃくやく)、茯苓(ぶくりょう)、桃仁(とうにん)、牡丹皮(ぼたんぴ)などが代表的な成分となっています。

これらの成分により、血流を整え体調の改善を目指します。

副作用としては健康な方の場合では見られないことがほとんどです。しかし、体力が衰えている場合には多少の副作用が見られることがあるので、処方の際には医師による判断が大切になってきます。

ちなみに、体力の衰えている方が桂枝茯苓丸を服用した場合、更年期障害のようなめまいやのぼせ、月経周期の異常、子宮などの炎症といった、症状の悪化が見られることがあるようです。

漢方薬を処方してもらう際には、医師の問診や検査をきちんと受け、自分に合ったものを処方してもらうようにしましょう。

妊娠に良い効果がある桂枝茯苓丸

桂枝茯苓丸は月経不順や更年期障害などの女性ホルモンのバランスの乱れを改善する効果のある漢方薬です。

中国の漢方の古典の婦人妊娠病編に収載されています。

桂皮、茯苓、芍薬、桃仁、牡丹皮の5種類の生薬が配合されており、水分代謝をよくしながら血流をよくしてくれるためむくみ、肩こりや手足の冷えを改善し、鎮痛作用によって生理痛などを和らげ、リラックス効果で精神不安やイライラを解消してくれるなど女性特有の悩みに適した漢方薬です。

桂枝茯苓丸を服用すると血液がサラサラになり血液循環がよくなるので体温が上がり、妊娠しやすい身体の状態になります。

体温が低いとホルモンの分泌が悪くなって妊娠しづらいため身体を温めることはとても重要で、血流の悪い状態では子宮内膜が厚くならず受精卵が着床しにくい状態になります。

さらに月経不順を整え、規則正しく生理がくるようになると排卵される可能性も高くなります。

不妊の原因となる子宮筋腫を小さくする効果もあります。

不妊治療に効果がありますが、牡丹皮には子宮収縮を抑制する作用もあるため流産のリスクが高くなります。

妊娠が分かった場合にはすぐに飲むのをやめなくてはいけないので注意が必要になります。


スポンサードリンク

-妊活

Copyright© こいきた | 恋する毎日が来る , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.