こいきたは毎日、恋をしたくなるようなあなたにぴったりな情報を発信するWEBメディアです。

こいきた | 恋する毎日が来る

妊活

妊娠したんだけど葉酸を摂る時期はいつからが良いの?

投稿日:2016年11月11日 更新日:

日本はなかなか政治の政策もうまく機能せず、デフレ経済から脱却できずにいます。

そのことでサラリーマンの年収は伸び悩み、結婚適齢期であってもなかなか結婚できず所帯をやっていくことができない人が多くなっています。

そのことで必然的に結婚年齢が上がっている現状があります。

30代半ばで結婚する人も少なくなく、日本では晩婚化が深刻な問題になっています。

晩婚で問題になるのが妊娠の可能性や胎児の発育状況です。

妊娠できにくくなったり、妊娠しても流産することも多々あります。こうした晩婚化での弊害を抑制するのに葉酸サプリが良いと言えるでしょう。

葉酸サプリメントは厚生労働省が妊活をサポートするものとして推奨するサプリです。

葉酸をサプリメントなどで効果的に摂取することで、卵子の老化を抑制しアンチエイジングが可能になります。また排卵リズムを整えたり、受精や着床のチャンスを確実にすると様々なメリットが期待できます。

そのため結婚してすぐに葉酸サプリを習慣化するのも良いと言えるでしょう。女性だけでなく男性も葉酸サプリメントを習慣化するれば、精子の量が増えたり、精子の活動も活発になることが期待できます。晩婚の現状では夫婦共々、葉酸サプリメントを早期から愛飲すると良いでしょう。


スポンサードリンク


葉酸を摂取する時期は妊娠する前からがベスト

妊娠したいと望む女性も、お腹に赤ちゃんを宿した妊婦さんも、必要性の高い成分として、葉酸があります。摂取の時期ですが、実は妊娠してからではなく、妊娠を希望している時期から、摂取をするのが望ましいのです。

葉酸の栄養成分は、大切な赤ちゃんの、神経や脳を作るために、非常に重要な栄養成分です。細胞伝達情報の集結するDNA合成にとって、必須のビタミン成分が葉酸です。

正常にDNA合成が行われて細胞が順調に分裂して増加していき、十分な赤ちゃんの成長にもつながります。

妊娠して三ヶ月までの期間に、赤ちゃんの神経や脳は作られていきます。

ですから、この時期は特に、葉酸の栄養成分が大切になります。

この時期に栄養成分が足りないと、障害であったり、神経や脳の先天性異常といったリスクも高くなっていきます。

妊娠がわかってからの摂取ではなく、年齢的にもまだ若い女性も、妊娠する予定のある女性も、できるだけ積極的に、日頃から摂取しておきたい栄養成分です。

手軽に摂取するには、葉酸サプリメントで補うことができます。

日頃の食事で、新鮮な食材から栄養素を摂取することもできます。

野菜類では特に、葉ものにたくさん含まれています。

ほうれん草やアスパラなど、野菜にはたっぷり入っています。

妊娠中のママにも大切な葉酸の効果

妊娠中の葉酸サプリの効果
妊娠したら、葉酸の栄養成分を摂取したほうが良いと追われています。

葉酸というのは、栄養成分の中で、ビタミンB9とも言われているものです。

妊娠しているママが葉酸の栄養成分を摂取することで、お腹の赤ちゃんの生育を効果的に促進させる期待が持てます。

妊婦さんのお腹の中では、赤ちゃんは成長しながら、細胞分裂を活発に行っています。

葉酸の栄養成分は、赤ちゃんの脳や発達にとって、非常に大切な栄養成分となっており、効果を発揮してくれる栄養成分です。

ママのお腹の中で、健康にスクスクと成長するために、欠かせない栄養成分ということです。

葉酸の1日の摂取量は、0.4mgが理想的な摂取量になります。

厚生労働省よりも、この量を推奨しています。

この栄養成分は、主にサプリメントなどでの摂取が、最近では一般的な摂取方法として知られています。

天然の食材からも、栄養素を摂取することができます。

新鮮な食材から摂取するためには、かなりの量を食べる必要があります。

モロヘイヤの野菜では、100g食べて250μg摂取できます。
ほうれん草では、100gで210μg摂取することが可能です。
新鮮な野菜も食べながら、葉酸のサプリメントを利用するのが良いでしょう。

妊娠中には必須の葉酸サプリ

葉酸は、妊婦にとって必要な大事な栄養素です。

妊娠がわかったら、葉酸サプリはぜひ摂取していただきたいものです。

できれば、妊娠がわかってからではなく、妊娠前からの摂取が理想です。

なぜかと言うと、葉酸はDNAの合成に必要なビタミンであり、赤ちゃんの健康的な成長には欠かせないものだからです。

そして、赤ちゃんが脳や神経を作る時期は妊娠3ヶ月目までです。

この間に葉酸が不足すると、脳や神経の先天性異常、障害のリスクが高まることがわかっています。

妊娠は、着床が成立した前の生理終了日から数えるので、妊娠が分かった時にはもうすでに「1カ月」となります。

だからこそ、妊娠を望んでいる女性には普段から葉酸サプリの摂取を心がけて頂きたいところです。

葉酸は、ほうれん草などの葉物野菜に多く含まれます。

摂取推奨量は、成人女性では1日240μg、妊婦の場合は480μgとなっています。

これを生野菜から摂ろうとすると、ほうれん草なら1束です。

これを毎日となると大変なので、葉酸の摂取にはサプリがおすすめです。

サプリなら、必要な量を手軽に摂る事ができるほか、つわりの時期などの食欲がない時にはとても便利です。

また、鉄分やカルシウムといった栄養素も大切になってくるので、これらを複合的にサプリで摂取する事がおすすめです。


スポンサードリンク

-妊活

Copyright© こいきた | 恋する毎日が来る , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.