こいきたは毎日、恋をしたくなるようなあなたにぴったりな情報を発信するWEBメディアです。

こいきた | 恋する毎日が来る

歯の健康

子供用の歯ブラシの選び方と歯磨きの方法【間違えているから虫歯になるんです】

投稿日:2016年8月23日 更新日:

これで本当に歯磨きできてるかな、虫歯にならないかなって不安になりませんか?

毎日のお子さんの歯磨き、これであってるのかなと思うお母さんは私だけではないはず!

しっかりと歯磨きができていなければ虫歯になってしまいますし歯に合った歯ブラシを使わなければ、正しい歯磨きができません。

子供用の歯ブラシは「歯が生えてきたら」や「乳歯用」「永久歯が生えてきたら」といくつかの種類のものが販売されています。

私は娘の歯に合わせ「乳歯用」や「永久歯が生えてきたら」と書かれた歯ブラシの中から娘に好みのキャラクターのものを選んで購入していました。

でも、表記されている「●●用」だけで選んでいてもそれが「お子さんに合った歯ブラシ」とは断言できません。

お子さんに合っていない歯ブラシを使っていると、正しい歯磨き方法をしていても虫歯になったり、大切な乳歯・永久歯を傷つけてしまうかも。

虫歯になってしまうと歯医者に通わなくてはいけませんしその度にお子さんに嫌な思いをさせてしまいますね。

子供の歯を守れるのは私たち両親だけです。

虫歯になってしまう前に、今回は正しい歯ブラシの選び方と歯磨きの方法をご紹介します。


スポンサードリンク


知らなった!?子供用の歯ブラシの正しい選び方 3つのポイント

歯ブラシの選び方
お子さんの歯ブラシはどんなものを使っているでしょうか?

大人用の歯ブラシも同様ですが、歯ブラシといっても毛先の柔らかさやヘッドの大きさで様々な種類があってどれがいいのか悩んでしまいますね。

大人用の歯ブラシは本当に種類豊富なのですが悩みすぎて普段使っているものと同じ歯ブラシを選びがち。

でもお子さんの歯ブラシは、歯の状態や年齢、そして以下の3つのポイントに注意しながら正しい歯ブラシを選んであげましょう!

子供歯ブラシ選びのポイント1 - 毛先は柔らかいものを

乳歯は歯の表面が薄く傷付きやすいので、毛先が硬い歯ブラシを使っていると目には見えない細かい傷がついてしまいます。

永久歯に生え変わっていても、歯を傷つけないように、毛先が柔らかいものを選びましょう。

子供歯ブラシ選びのポイント2 - 小さいヘッドの歯ブラシを

大人用の歯ブラシでは、大き目ヘッドで毛の量が多くて歯の隙間まで毛が届く!なんて歯ブラシがありますがお子さんの歯ブラシはヘッドが小さめのものを選んでください。

大人よりも歯や口の中が小さく狭いですし、ヘッドが大きい歯ブラシですと奥歯の奥、磨き残しが多い部分にもしっかりとブラシが届かずにそこに食べたものが残って虫歯の原因にもなってしまいます。

子供歯ブラシ選びのポイント3 - 買い替えはどのくらい?

歯ブラシってどのくらいの頻度で買い替えていますか?

よく「毛先が広がってきたら買い替えましょう」と聞きますが、毛先が広がっていなくても1か月程度で交換するのが理想的なんだとか。

パッと見ではわからなくても、つあっていると毛の先端が割れて鋭くなってしまっている場合があり、そのまま使用していると歯の表面や歯茎を傷つけてしまうかも。

私は毎月始めに洗剤やシャンプーなどまとめ買いをするので、買い忘れがないように買うものリストを作っています。

そのリストの中に「歯ブラシ3人分」と記載。これで毎月取り替え忘れがなくなりました♪

子供用の歯ブラシも大人用の歯ブラシも1本300円程度、3人分で約1000円ですがそれで歯の健康が守れるし衛生的でもあるのかな、と毛先が開いていなくても買い替えることにしています。

子供の歯ブラシ選びに迷っている人必見!子供の年齢別おすすめ歯ブラシ

乳歯用の歯ブラシっていろいろなメーカーから販売されているので正しい歯ブラシの選び方を説明されても迷ってしまいますよね!

今回は私が実際に使用して「よかった!」という商品をご紹介させてください♪

乳歯が生えてきたら~3歳までにおすすめの歯ブラシ

乳歯が生えてきたらテテオの歯ブラシ
乳歯が生えてきたら「コンビ テテオ」がおすすめです♪
初めて使うときからブラシに慣れて、自然にステップアップができる乳歯ブラシの3本セット。

  • ステップ1の歯ブラシは最初の歯が生えてきたら
  • ステップ2の歯ブラシは前歯がそろってきたら
  • ステップ3の歯ブラシは奥歯が生えてきたら

お子さんが歯ブラシを持って遊んでも喉奥に入らないようにプレートもついています。

我が家でも娘にこの歯ブラシを使っていました♪

歯が生えてくる前からおもちゃがわりに渡して私が歯磨きするときに一緒にごしごしと遊びながら歯磨きのマネをさせていたのですが本当に歯磨きをしなくてはいけない時期になっても歯磨きや歯ブラシに対して抵抗が少なかったです♪

>>Amazon コンビ テテオの商品ページへ

乳歯が揃ってから8歳前後までにおすすめの歯ブラシ

3歳からは大き目の歯ブラシ
クリアクリーン キッズ歯磨き 3~8歳向け

乳歯が揃ったらもっとしっかり歯磨きを!と気にしていた私に市の集団歯科検診で勧めていただいた歯ブラシがこのクリアクリーン キッズ歯磨き 3~8歳向けです。

他の商品もいくつか試したことがありますが、これがお気に入り♪ヘッドの大きさや毛先の柔らかさもぴったりでした。

こちらの歯ブラシを使っているママ友さんも多く、歯ブラシや歯磨きで悩んでいるママさんにもおすすめしている歯ブラシです。

>>amazon クリアクリーンの商品ページへ

子供の歯ブラシを見た目で選んでいませんか?

娘が幼稚園年中~年長さん頃は、歯ブラシを選ぶ際に「このキャラクターの歯ブラシがいい!!」と言われてしまい色々なものを試していた時期でもありました。

好きなキャラクターがついている方が自分から歯磨きをしてくれるかな、と好きなものを選ばせていたのですが、それでは娘の歯を虫歯から守ることができないかも…と娘がいないときに歯ブラシを買い、好きなキャラクターのシールを貼って使ったりもしていましたよ♪

小学生になった今では、キャラクターにはあまり興味がなくなったようで、私が選んだものをなにも言わずに使っています。

お子さんによって好みが違うので私がおすすめする歯ブラシは「嫌だ!好きなキャラクターのものがいい!」なんていうかもしれません。

でもお子さんの歯の健康のことを考えると見た目ではなくて、ヘッドのサイズや毛先の柔らかさなど「お子さんの歯の成長に合わせた歯ブラシ」を選んであげてくださいね♪

子供の歯ブラシを正しく選んだら正しい使い方で磨きましょう

歯磨きしているのに虫歯になる
さて、歯ブラシの正しい使い方、どんな風にお子さんの仕上げ磨きをしているでしょうか。

歯ブラシはどうやって持っていますか?

歯ブラシはペンを握るように、あまり強く歯に当てないようにして歯磨きをするのがポイント。

ごしごし力を入れて磨くとお子さんが痛がって歯磨きが嫌になってしまうだけではなく、歯にも傷がついてしまいます。

目安として毛先が広がらない程度の力加減で、優しく歯磨きをするように心がけてください♪

自分の手の甲に歯ブラシを当て力加減を確かめてみると、普段の歯磨き時の強さがわかりやすいと思います。

自分でも痛くない程度の力で優しく歯磨きをしてあげてくださいね♪

歯に合った歯ブラシを選んで虫歯予防!

いかがでしたか?

これを知るまで私は毛先が硬めの歯ブラシを使っていました。

それに娘の仕上げ磨きをするときも「ママ痛い!」と言われることがあったのでちょっと力を入れすぎだったこともあるのでしょう。

それが原因で歯磨きが嫌になってしまうこともありますし、乳歯や永久歯、歯茎を傷つけてしまうこともありますよね。

大切な娘の歯を守りたくてしている歯磨きなのに、傷つけてしまっていては歯磨きをする意味がありません。

歯ブラシの選び方や正しい歯磨きの方法を知ってからは力を入れすぎないように歯磨きをするようになり、娘は痛がることもなくなりました。

お子さんの歯に合った歯ブラシを使って、正しい歯磨きで虫歯予防をしていきましょう。

また、虫歯予防にはブリアンやプラチナベリーといった「虫歯予防効果が期待できる歯磨き粉」を使うのがおすすめです。

そちらの商品についてはまた別記事でご紹介していきます。


スポンサードリンク

-歯の健康

Copyright© こいきた | 恋する毎日が来る , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.