こいきたは毎日、恋をしたくなるようなあなたにぴったりな情報を発信するWEBメディアです。

こいきた | 恋する毎日が来る

歯の健康

プラチナベリーとブリアンの徹底比較【値段や効果の違い】

投稿日:

ブリアンとプラチナベリーはなにが違うのか、どちらがいいのか迷っていませんか?

乳歯が生えてきたら、虫歯予防のためにもしっかりと歯磨きをしてあげたいですが実際はなかなか歯磨きをさせてくれないことも多く、歯磨きについて悩んでいるお母さんも少なくはありません。

実はうちの娘も歯磨きが嫌いで、毎日の歯磨きタイムが憂鬱でした。
口の中に歯ブラシを入れられるのが嫌なのか、それとも歯磨き粉の味が嫌だったのか、とにかくとても嫌がってしまって泣きながら歯磨きをしていた時期もあります。
そんなときに出会ったのがブリアンやプラチナベリといった粉末タイプの歯磨き粉です。

今回ご紹介する「ブリアン」と「プラチナベリー」はどちらも虫歯予防効果がある、粉末タイプの新しい歯磨き粉。

お子さんが好きな味の「いちご味」や「ぶどう味」で美味しく歯磨きができちゃう優れモノ!
これを使えば毎日憂鬱だった歯磨きタイムが楽しくなり、虫歯予防ができちゃうんです!

歯磨き粉を変えるだけで歯磨きタイムが楽しくなり、虫歯予防ができればママも子供もニコニコ!
虫歯治療の治療費節約になるだけではなく、嫌だった歯磨きタイムが楽しくなってお子さんが歯磨き好きになるかもしれません!

ちなみにうちの娘、現在小学校一年生、今は歯磨き嫌いではないですが「そろそろ歯磨きしてよー」と言っても自ら進んで歯磨きをする子ではありませんでした。
しかし、粉末タイプの新しい歯磨き粉を使い始めてからというもの、自分から「歯磨きするー、ママ仕上げして!」と歯磨きをするようになってくれたのです!

「ブリアン」とプラチナベリー」どちらも味は違いますが使い方はほとんど同じ。
どっちがいいのか悩んで実際に両方試した私と娘目線で、ブリアンとプラチナベリーを比べてみます!

ブリアンとプラチナベリーのどちらがいいのか悩んでいるお母さん、ぜひ参考に選んで下さいね♪


スポンサードリンク


ブリアンとプラチナベリーってどんな商品?どんな違いがあるの?

プラチナベリーとブリアンを比較

ブリアンやプラチナベリーという商品名は聞いたことがあるけど、どんな商品なのかいまいちわからないというお母さんのために、両商品の説明や違いについてご紹介します。

いちご味の歯磨き粉 ブリアン

ブリアンのパッケージブリアンはいちご味の歯磨き粉、うちの娘も気に入って使っています。
ブリアンは虫歯予防ができる粉末タイプの歯磨き粉で、歯磨きが嫌い・苦手だったお子さんがブリアンを使うことで歯磨きが好きになるという口コミも多いんですよ。
歯磨きを嫌がる・苦手なお子さんがいるお母さんに是非1度使ってもらいたいです♪

ブリアンの特徴は使用後にうがいが不要というところ。
市販の歯磨き粉やこれからご紹介するプラチナベリーは歯磨きのあとにうがいが必要ですがブリアンは歯磨き後に口の中に残った唾液をぺっと吐き出すだけ。飲み込んでしまっても体に害はありません。
うがい不要なので、まだうがいができない小さなお子さんから大人まで使える歯磨き粉です。

ブリアンのついて詳しくはこちらの記事に書いていますのでぜひ読んでみてください♪
>>ブリアンの歯磨き粉をうちの娘が使ってみた【虫歯予防の効果は?】

ぶどう味の歯磨き粉 プラチナベリー

ブリアンのパッケージプラチナベリーは好きなお子さんも多いぶどう味の歯磨き粉で、粉末もぶどう色です。
こちらは虫歯予防に加えて歯周・口臭ケア成分が配合されており、お子さんから大人までご使用いただけます。
検索しても口コミが見つからなかったのですがうちの娘は、うがいをした後の後味が好きではなかったようで現在は使用していません。

プラチナベリーの特徴はなんといっても虫歯予防だけではなく、口臭と歯周ケアができる点でしょうか。
使い方はブリアンとほとんど同じなのですが、使用後にはうがいが必要なのでうがいができないお子さんには向いていないのかな、という印象です。

プラチナベリーについて詳しくはこちらの記事に書いていますのでぜひ読んでみてください♪
>>プラチナベリーの歯磨き粉をうちの娘に使ってみた【使い方と虫歯予防効果は?】

プラチナベリーとブリアン 徹底比較

プラチナベリーとブリアンの比較
プラチナベリーとブリアンの違いがお分かりいただけたでしょうか。
私は両商品を実際に購入して試してみましたが購入前はどちらがいいのか、どちらが安く済むのか、どういった違いがあるのかといろいろ悩んでいました。

そんな私のようにどちらがいいのか悩んでいる方のために、ブリアンとプラチナベリーを比べてみましょう!

パッケージの違いは?

プラチナベリーとブリアンの比較
では早速、プラチナベリーとブリアンのパッケージのを比べてみましょう!

いかがでしょう。プラチナベリーのパッケージの方が可愛らしい感じですよね!

プラチナベリーとブリアンの比較

次に上から見た写真です。

ブリアンは箱に入っているので、我が家では別の容器に移し替え毎日そこから1包ずつ取り出すようにしています。
プラチナベリーはチャック付きの袋入り。これならどこでもしまうことができそうですよね♪
プラチナベリーとブリアンの比較では次に分包のサイズ比較!

プラチナベリーは5.8×9cm
ブリアンは10×3.4cm

どちらの商品も1包を2~3回に分けて使います。
プラチナベリーはまっすぐ手で切れるので開封しやすいパッケージ。
ブリアンはパッケージの横に切れ目が入っており、手で開封することができますがプラチナベリーの方が開封しやすいです。

歯磨き粉の色はどんな色?

プラチナベリーとブリアンの比較最後に粉の色を比べてみました!

ブリアンは白い粉、プラチナベリーはぶどう色しています!

この写真を撮った後、しばらくこのまま放置して粉はどんな風になるのか実験してみました。
ブリアンは、粉の色はそのまま白、室内の湿気を吸い粉が固まってしまいましたが触った感じはべたつきもなく、水ですぐ流すことができました。
プラチナベリーは、粉の色が濃くなり、触るとべたべたになってしまいました。水で流そうとしても簡単には流れず、お皿に水を入れそのまま数分、粉が自然に水が溶けるのを待って

歯ブラシにつけてみます!

歯ブラシにつけてみた
濡らした歯ブラシにつけてみるとこんな感じです。
ブリアンは見た目の着色もありませんが、プラチナベリーは白かった歯ブラシがぶどう色に。

プラチナベリーの方が開封しやすく、手でまっすぐ切れます。

お皿に移す時にはブリアンの方が切り口が細いので出しやすいです。

プラチナベリーは、お皿に移して使ってもいいし袋を開けてそのまま濡れた歯ブラシを入れて粉を歯ブラシにつけてもよいそうなので、プラチナベリーを使うならお皿に出さずにそのままのが良いかなと思います。

プラチナベリーこのくらいの量というのでしょうか、歯ブラシにつけて歯磨きをしました。

歯ブラシを洗う

歯磨き後に歯ブラシをささっと水で流すだけで色は落ちますよ。

以上、プラチナベリーとブリアン、見た目や商品パッケージの比較でした!

どっちがお得?比べてみた!値段と決済方法、返金保証

さて、お待たせしました、次はプラチナベリーとブリアンのお値段比較です!
どちらの商品も通常購入コースと定期コースがありますが、それぞれどのくらいお値段や送料等が違うのか比べてみましょう!

プラチナベリー ブリアン
価格
(初回購入時)
定期コースの場合
2980円+税
通常購入の場合
7480円+税
定期コースの場合
3919円+税
通常コースの場合
商品代金:7800円+税
送料:600円+税
(7800円+600円+税=9072円)
送料 送料無料 定期:送料無料
通常:600円+税
支払い方法 クレジットカード払い
代金引換
後払い決済
クレジットカード払い
代金引換
ぶどう味 いちご味
返金保証 30日間 60日間

購入者特典の違い

プラチナベリー、ブリアン共に購入者特典があります。
どちらも7大特典とはいいますが、その特典内容が違いますので比べてみました!

プラチナベリー
  • 初回大幅割引、最大6000円オフ
  • 三大プレゼント
  • 全国どこでも送料無料
  • 決済手数料無料
  • いつでも中止、お休み可能
  • 安心の30日間返金保証
  • いつでも安心!電話サポート

※3大特典プレゼント

  • アレンジガイド
  • ハート型小皿
  • 歯ブラシ
ブリアン
  • 全国送料無料
  • 代引き手数料無料
  • 定期コース30%オフ
  • 60日間返金保証
  • お届け周期は自由に変更可能
  • 3か月目以降10%オフ
  • お得な家族割り 500円オフ

こうやって比較してみると値段はブリアンよりもプラチナベリーの方が安いし、特典も多く送料無料なのは魅力的ですよね!
歯ブラシやお皿がもらえるのも、プラチナベリーの魅力だと思います!

プラチナベリーとブリアン 3か月購入時の値段比較

さて、次は継続利用した場合のお値段比較。
3か月間継続購入する場合は、定期購入コースと通常購入コースのどちらがお得に買うことができるのでしょうか。
※クレジットカード払いをした場合の値段を計算しています。

プラチナベリー
ブリアン
定期購入コース
通常購入コース
定期購入コース
通常購入コース
1か月目
商品代金:2480円+税
送料無料
=2678円
7480円+税
送料無料
=8078円
商品代金:3919円+税
送料無料
=4233円
商品代金:7800円+税
送料:600円+税
(7800円+600円+税=9072円)
2か月目
商品代金:2480円+税
送料無料
=2678円
7480円+税
送料無料
=8078円
商品代金:4980円+税=5378円
送料:無料
商品代金:7800円+税
送料:600円+税
(7800円+600円+税=9072円)
3か月目
商品代金:2480円+税
送料無料
=2678円
7480円+税
送料無料
=8078円
商品代金:4482円+税=4840円
送料:無料
商品代金:7800円+税
送料:600円+税
(7800円+600円+税=9072円)
合計
8034 円 24234円 14451円 27216円

定期コースにするか、通常購入にするかによってもお値段が違いますが、ブリアンよりもプラチナベリーの方が安く買うことができます。
結果的に我が家ではブリアンの継続利用を決めましたが、これから先も続けて購入することを考えると1箱購入する値段が安い方が続けやすいと思いませんか?
(安価な方を選んでもお子さんが気に入ってくれなければ意味がないんですけどね…)

実際に使った感想

歯磨きをした感想うちの娘の虫歯に悩んで、虫歯予防ができる良い方法はないかとネットで検索していたときに出会ったブリアンとプラチナベリー。
どっちが良いのか決められず、両商品を買って使ってみました。
使い方はどちらも同じような感じですが、味は好みが分かれると思います。
うちの娘はパッケージの見た目はプラチナベリーの方が好きだと言っていましたが実際に使うと味が苦手でした。
歯磨きをしているときの味はよくても、うがいをしたときやマウスウォッシュとして使ったときの薄くなったぶどう味が嫌だったようで、いちご味のブリアンを継続利用しています。

定期的に歯医者さんでフッ素塗布してもらっていますが、ブリアンを使い始めて半年ほど、今のところ虫歯ゼロ。学校の歯科検診でも問題ないと言われています。

幼稚園の頃は虫歯がたくさんあり毎週歯医者さんに通っていました。
治療費自体は市の医療助成があったのでそれほどの負担にはならなかったのですが、それよりも大きな負担になっていたのがご褒美。
毎回歯医者に行くのを嫌がるので治療が終わったらご褒美にガチャガチャ1回という約束をしてしまい、それが1回200円でも毎週となれば私のお小遣いが減るのが早くて辛かったのですが、今はそういった出費も抑えることができて嬉しいです。

まとめ

両商品を比較してみると、お値段が安いのはプラチナベリー。
プラチナベリーは歯磨き粉としてだけではなくマウスウォッシュとしても使えるのでブリアンよりもお得な感じがしますが、味の好き嫌いがあるかと思います。
うちの娘のように「うがいしたとき、マウスウォッシュに使った時の薄くなったぶどう味」が苦手というお子さんも少なくはないかもしれません。
いくら安い・お得だからといって、お子さんが苦手な味の歯磨き粉を使っては楽しい歯磨きの時間ではなくなってしまいますし、まずは両方試してみてお子さんが気に入った方を継続利用するのがおすすめです。

周りにママ友さんが多ければ、数人でシェアして買ってみるのもよいと思いますよ♪


スポンサードリンク

-歯の健康

Copyright© こいきた | 恋する毎日が来る , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.