こいきたは毎日、恋をしたくなるようなあなたにぴったりな情報を発信するWEBメディアです。

こいきた | 恋する毎日が来る

歯の健康

子供が歯磨きを嫌がる4個の理由と4個の解決方法

投稿日:2016年9月15日 更新日:

「歯磨きが嫌い」というお子さんってすごく多いですよね。
中には最初から歯磨きが好きだというお子さんもいらっしゃいますが、歯磨きが嫌いだというお子さんの方が多いでしょう。

しっかりと歯磨きをしないと虫歯になってしまい、治療で痛い思いをして泣くのは我が子…
そんな思いさせたくないから、親も必死になって無理やりでも歯磨きをしようとしてしまいがち。

それでも嫌がって泣いて、なかなか歯磨きさせてくれない、そんな悩みを抱えたお母さんのために今回はお子さんが歯磨きを嫌がる理由と歯磨きが好きになる理由をご紹介します。


スポンサードリンク


子供が歯磨きを嫌がる4個の理由

歯磨きが嫌で泣く子供
お子さんが歯磨きを嫌がるのには、きちんと理由があります。
嫌がる理由を知り、改善することで歯磨きがしっかりとできるようになりますよ。

その1 怖い、痛いというイメージがついてしまっている

お子さんの歯磨きをする時に嫌がるからといって、無理やり抑えつけて歯磨きをした経験はありませんか?
もし、今でも無理矢理抑えつけて歯磨きを続けているなら、今すぐやめてください。

ちゃんと歯磨きしないと虫歯になっちゃうんだよ、という気持ちはわかります。
私も娘が歯磨きを嫌がっていた時期は抑えつけて歯磨きをしていました。

しかし、無理矢理抑えつけて歯磨きをしてもお子さんからすると「怖い」というイメージがついてしまいます。
無理矢理抑えつけて歯磨きをしているお母さんの顔はどうでしょう。笑顔ではないですよね。どちらかというと怒った顔、怖い顔をして歯磨きをしてしまいがちです。

抑えつけられてお母さんが怒りながら歯磨きをしていては、お子さんは歯磨きを好きにはなってくれません。

その2 痛みがあるから嫌になる

上唇小帯

出典: 歯HOO!ブログ ~伊那の歯医者さん

お子さんの歯磨きを嫌がる理由に多いのが「痛み」
歯磨きするときには、上唇と上の歯茎をつなぐ「上唇小帯」に当たらないように気を付けて、ブラシにはあまり力を入れず優しくブラッシングしなくてはいけません。

もしかすると、今までの歯磨きでブラシを持つ手に力が入り痛かったのかもしれません。
上唇小帯に歯ブラシが当たって痛かったのかもしれません。
口の中に口内炎があって歯ブラシが当たって痛みがあったのかもしれません。

その3 「~しなさい」は子供にとって苦痛

歯磨きしなさいと言われるのが嫌
歯磨きをするとき、お子さんに「歯磨きしなさい」と言っていませんか?
実は1~3歳の子供は「~しなさい」「~しなければならない」というのがとても苦痛に感じてしまうそうです。
自分でやりたい意欲が旺盛な時期でもありますし、命令口調だとお子さんでもやりたくないと思ってしまうはず。
歯磨きをしなければいけない理由をしっかりと伝えてあげるのが良いでしょう。

その4 歯磨き粉の味が嫌い、歯磨き粉そのものが嫌だ

歯磨き粉の味が嫌子供用の歯磨き粉はいろいろな種類がありますが、お子さんによって味の好みも異なります。
また同じ「いちご味」「ぶどう味」だとしても、メーカーによって若干の違いが。
もしかすると歯磨き粉の味が嫌で歯磨きをしたくないと嫌がるお子さんもいらっしゃるかもしれません。
また、歯磨き粉を使うと泡立ちますよね、それが嫌だというお子さんもいらっしゃるそうです。

子供の歯磨き嫌いは「親が原因」の場合も少なくはない

いかがでしたか。お子さんが歯磨き嫌いになるのには、きちんと理由があります。
口の中に歯ブラシが入ること自体嫌がるお子さんもいるのも事実ですが、ご両親の歯磨きのやり方・態度が嫌だったり怖くて、歯磨きが嫌になってしまう子も少なくはありません。

もし思い当たるものがあれば今日から態度や、やり方を改めてみましょう。

子供が歯磨きを好きになる4個の方法

どうやったらお子さんは歯磨きが好きになってくれるのでしょうか。

大切な乳歯だからこそ、しっかりと歯磨きをしたいですよね。
そんな歯磨きタイムをママもお子さんも楽しめるように、子供が歯磨きが好きになる方法をご紹介します。
歯磨き大好きにならなくても、嫌がらなくなってくれれば、毎日の歯磨きタイムが憂鬱ではなくなりますね。

その1 大人と一緒に歯磨きをする

おばあちゃんと歯磨き楽しいまずはお子さんにママの歯ブラシを持たせてママの歯磨きをしてもらいます。
次に「わーキレイになったね、ありがとう。次はママが歯磨きするよー」という風に声をかけてお子さんの歯磨きをしてあげましょう。
その時お子さんには手鏡を持たせて歯磨きしている様子を見せてみるのも良いそうです。
ママとお子さんと順番に歯磨きをするのもよいですし、鏡の前で並んで歯磨きをするのもおすすめ。
おじいちゃんおばあちゃんと歯磨きするのもお子さんにとっては楽しいと感じるかもしれませんね。

その2 喋ったり、歌を歌いながら

歌いながら歯磨き歯磨きの際に寝転ぶのが嫌がらないお子さんでしたら、歯磨きの最中にお子さんが好きな歌を歌ってあげたり、その日あった出来事を話しながら歯磨きするのがおすすめです。
お子さんがその日できたことを褒めながら歯磨きするのもよいですね。
喋りながら歯磨きするとリラックス効果もあるそうなので、歯磨きしながら今日どこに行った、どんなものがあった、どんなことをして遊んだ、などお話ししてみましょう。

その3 テレビ等を見せながら

幼児向け番組や教材で歯磨きが楽しくできる動画やおもちゃがありますね。
日ごろから歯磨きや虫歯関連の絵本を読み、歯磨きをしないと虫歯になるんだよ、治療は痛いんだよ、だから虫歯にならないようにしっかり歯磨きしようね、と教えるのはもちろんですが、お子さんが好きなキャラクターがでている歯磨き動画やテレビを見せながら歯磨きしてみましょう。
歯磨きよりテレビ等に夢中になってくれる可能性が高いです。

その4 美味しい味の歯磨き粉を使う

歯磨き粉の味が嫌だ、というお子さんや、歯磨き粉を使うと泡立つから嫌がるというお子さんに是非おすすめなのが粉末タイプの泡立たない歯磨き粉です。
いちご味とぶどう味の商品が販売されています。
歯ブラシを濡らして粉末歯磨き粉をつけ、歯磨きするだけ、うがい不要のブリアン、こちらはいちご味です。
そして使い方はブリアンとほとんど同じですが、うがいが必要のプラチナベリー、こちらはぶどう味。
「この味が好き」「これを使うようになって歯磨きが好きになった」という口コミもあるので是非、一度試してみてください。

ブリアンとプラチナベリーに関して、こちらの記事で詳しくご紹介しています。
ブリアンの歯磨き粉をうちの娘が使ってみた【虫歯予防の効果は?】
プラチナベリーの歯磨き粉をうちの娘に使ってみた【使い方と虫歯予防効果は?】

子供が歯磨きを嫌う理由と好きになる方法のまとめ

お子さんが歯磨きを嫌がるのには理由があります。

  • 歯磨きのやり方が悪い、痛い
  • 抑えつけられることが嫌だし、その時のお母さんの顔が怖い
  • 「~しなさい」といった命令口調が苦手
  • 歯磨き粉の味が嫌い

お子さんが歯磨きを嫌がる理由がわかれば、それを改善し、さらにお子さんが歯磨きが好きになる方法も試してみるのがおすすめです。

そしてお子さんを歯磨き好きに変身させるためには

  • 歯磨きのやり方を変える、ブラッシング時の力を加減する
  • 抑えつけて歯磨きしない、なるべく笑顔で子供と向きあう
  • 「~しなさい」といった命令口調をやめる
  • お子さんが好きな味の歯磨き粉に変える

お子さんによってこの方法は効果があったけど、これは効果がなかったというものがあると思うので、お母さんができることから試してみるのがおすすめです。

今回ご紹介しているいちご味の歯磨き粉のブリアンとぶどう味の歯磨き粉のプラチナベリーは、別記事に詳しく記載しています。

お子さんによって味の好みはもちろん、ブリアンとプラチナベリーの使い方が若干違いますが、うちの娘はこのブリアンとプラチナベリーを継続利用して今現在は虫歯ゼロです。
虫歯やお子さんの歯磨き嫌いでお悩みのお母さんにブリアンとプラチナベリー、今なら割引キャンペーンもやっていますので是非一度公式サイトをご覧になってみてください♪


スポンサードリンク

-歯の健康

Copyright© こいきた | 恋する毎日が来る , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.