こいきたは毎日、恋をしたくなるようなあなたにぴったりな情報を発信するWEBメディアです。

こいきた | 恋する毎日が来る

合コン

合コン自己紹介で盛り上がる5つのボケかた

投稿日:

合コンでの自己紹介は最初のアピールタイムとなるので、とても重要です。そのようなときに、みんなが楽しめる雰囲気になるようにボケる人がいます。

最初はみんな緊張していますが、そのような人の存在のおかげで、場がなごむのです。合コンの自己紹介の際に、盛り上がるボケかたを5つ紹介します。


スポンサードリンク


相手の名前を変な場所で区切って質問する

それぞれが自分の名前などを紹介しているときにするボケです。相手が、「私の名前は、あやかです。」といったとします。そのときに相手に、「あやかちゃんの、かやってどんな漢字で書くの?」と変な場所で名前を区切って質問をするのです。

ただし、ゆみこさんや、ちえさんといった変なところで区切ることができない名前の女性には使うことができないので注意が必要です。突っ込まれることで女性も喜ぶものですし、その場も笑いに包まれ、緊張感が吹き飛ぶこと間違いありません。

年齢でボケるその1

相手が自分の年齢を紹介してきたときに使うことができるボケです。相手が「年齢は21歳です。」といったとします。そのときに、「えー、見えない!絶対22歳だと思ってた!」というのです。

すごく驚きながら、予想の年齢とは1歳しか違わなかったという大ボケです。このとき相手の年齢を聞いて、大げさに驚くほどギャップがすごいため大うけになること間違いありません。

年齢でボケるその2

年齢でボケる場合は、ほかにもあります。その1で紹介した年齢ボケとは立場が逆になったパターンです。相手に「あなたは何歳?」と聞かれたとします。

そして「何歳にみえる?」と聞き返します。そして相手が「25歳くらいですか?」といいます。そのとき「惜しい!!35歳です!」というのです。惜しいといっておきながら全く惜しくないという大ボケです。合コン参加者は爆笑の渦に包まれるものです。

相手をヨイショすると見せかけてボケる

合コンで初めて出会った女性が自己紹介している最中に相手に向かって、「あー、誰かに似てる!誰だっけ??あ!肘が北川景子に似てるんだ!」といいます。そのほかには、「爪の先が、堀北真希にそっくりだね!」といったりします。

このようにどうでもいい場所を指摘してボケるのです。これは実際に似ていなくても全く問題ありません。あくまで笑わせるためのフレーズなのです。目元が似ているというフレーズですと、相手の機嫌をとることは可能ですが、笑いをとることはできません。

初めて会ったにも関わらず知っているようなリアクションをとるボケ

相手が「ヒロコです。」と名前を紹介したとします。そのときに、「聞いたことある!」といったりします。さらに、相手が「まさみです。」といったら、「日本在住でしょ?!」といったりします。

冗談っぽいテンションを意識していうことで、多くの人の笑いを誘うことができます。真剣な顔で言ってしまうと冗談としてとらえてもらえなく雰囲気が悪くなってしまうので注意が必要です。

たとえば、「東京駅にいたよね?」などを真剣な顔で言ってしまうと、本当にどこかであったのかな?と思われてしまい笑いになりません。

まとめ

合コンでの自己紹介ではまだみんがが緊張しています。そのため、このように笑い誘ってくれるようなボケをしてくれる人は、とても貴重な存在なのです。そのような男性が好きな女性は多くいるので、最初のイメージアップになる場合もあります。

ただ、ボケるときに失敗してしまうと、相手に嫌な思いをさせてしまったり、その場の雰囲気が悪くなってしまうこともあるので注意が必要です。また、ボケる際には、明るい表情でボケることが大切です。真面目な顔でボケてしまうと、冗談なのか本気なのか分からないからです。


スポンサードリンク

-合コン

Copyright© こいきた | 恋する毎日が来る , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.