こいきたは毎日、恋をしたくなるようなあなたにぴったりな情報を発信するWEBメディアです。

こいきた | 恋する毎日が来る

彼女

40代男性の彼女の作り方5つ

投稿日:

「自分はもう若くないから、彼女の作り方なんてわからない」と思っていませんでしょうか。40代の独身男性が増えていると同時に、結婚願望の強い独身女性も増えています。

しかし、40歳を越えて独身であると女性はまず女性遍歴や男性の性格を疑ってしまいます。アプローチも大切ですが、まずはさりげない自己主張が重要なのです。彼女の作り方で重要なことは、どんなところでしょうか。そのいくつかをご紹介します。


スポンサードリンク


身なりを清潔に整える

男女にとって第一印象は非常に大切です。服装は派手すぎず、落ち着いた色のものを選びましょう。アクセサリーは首よりも腕に、寒い季節ならばマフラーなど小物を使ってファッションのポイントを作りましょう。

頭髪はいつも整えておきましょう。女性はヘアスタイルを重要視します。べたついていたり、フケが目立つような髪の毛は厳禁です。

趣味を持つ

スポーツやアウトドアなどの趣味を持ちましょう。日光の下で楽しく活動する男性は、健康的で若々しくとても好印象です。また、趣味を通して新しい出会いもあるかもしれません。

共通の楽しみを持っていると交際へと発展しやすいでしょう。活動的なものに限らず、知的な趣味も素敵ですね。ただ、自分の知識を自慢したり事あるごとに雑学を論ずるのは控えましょう。

行きつけのバーやレストランを決めておく

年下の女性が大人の男性だと感じる瞬間は、行きつけのおしゃれなバーやレストランなどに案内されたときです。その場所が女性に気に入ってもらえたら「また連れて行って」と、デートのきっかけにもなります。

自分が他人に教えたくない場所であることをさりげなく伝えるとさらに良いでしょう。多くの女性は「私だけ特別」ということに弱いのです。知り合いにばったり会ってしまうような場所ではなく、隠れ家的なところであるのが理想的ですね。

自慢や自己主張をしない

女性を不快にさせる自慢話は厳禁です。特に「過去の栄光」を語り過ぎるのはやめましょう。「小さい男」という印象を与えかねません。冗談を交え、さりげなく自己主張しましょう。

時には自虐ネタを盛り込んでみたりして、アピールと自虐のバランスを取って会話をすると好印象です。また、こうすることにより小さなアピールでも女性の記憶に残りやすくなります。

レディファーストを心掛ける気持ちを持つ

相手が年下の女性である場合、頼りないとか子供っぽいとは思われたくないものです。それでも、細かいところにまで気を配れる男性はそう多くはありません。逆に、女性は結婚後のことをしっかりと考えますので、あまり気を配り過ぎると「細かい人と結婚するのは大変そう」と思われてしまう可能性もあります。

ここで気を付けたいのは、相手のために一生懸命にしようとする気持ちです。不器用なりに一生懸命になっている姿はとてもほほえましく、また母性本能をくすぐられます。

彼女の作り方で重要なポイントはここで、ふとした瞬間におもわず女性がほほえんでしまうような印象を与えるのです。女性にとってその感情は忘れられないものになるでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。彼女の作り方として、あくまでも大切なのは相手を重んずる気持ちです。しかし、そこに至るまでにはまず自分に近づきたいと思ってもらうことが必要なのです。

身なりに気を配り、もちろん自分の部屋もきれいに清潔にしておき、万が一に備えましょう。身の周りを整えておくことで、自然と出会いも舞い込んでくるでしょう。

そして、いつも笑顔を忘れないようにしてください。よく笑う人はそれだけで異性を惹きつけます。彼女の作り方で一番忘れてはならないものは、あなたの自然な笑顔かもしれません。


スポンサードリンク

-彼女

Copyright© こいきた | 恋する毎日が来る , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.