こいきたは毎日、恋をしたくなるようなあなたにぴったりな情報を発信するWEBメディアです。

こいきた | 恋する毎日が来る

結婚相談所

結婚相談所で結婚できない人の4つの特徴

投稿日:

結婚相談所の会員となって真面目に婚活を行っていても、なかなか結婚できないという人は大勢います。そんな人たちを見てみるとある種の特徴が見えてくるので、自分が当てはまっているかどうかチェックしてみると良いでしょう。


スポンサードリンク


自分しか見えていない

まず第一に考えられるのは結婚相談所での婚活に必死になるあまり自分のことしか見えていないという人です。異性会員とメール交換やお見合いをしていても、いかに自分の魅力を相手に伝えようかと必死に話すあまり、相手の話に耳を傾けていないという場面や、自分の仕事や趣味について延々と自慢交じりに話している人などが当てはまります。

結婚相談所に訪れる人の多くは長年独身生活を続けている人なので、相手の気持ちを読み取って行動することがあまり得意ではありません。そのため会話やメールを交わしている間は相手の様子に気を配りながらキャッチボール感覚でお互いの言いたいことを順番に話し合うように心がけましょう。

ものすごく基本的なことですが、意外と会話の基本が出来ていない人は多いため、結婚できないと嘆いている人は一度自分の態度に悪いところはないか見直してみると良いでしょう。

受身体質

メールをするのは相手から連絡が来たときだけ、お見合いをしていても会話のはじまりは相手から、など自分から積極的に異性とコミュニケーションをとることが少ない受身体質な人は結婚相談所においてなかなか結婚できない人だといえるでしょう。

特に仲人やカウンセラーなどがいない結婚相談所で婚活を行っている人は、自分が頑張らなければ出会いが非常に少なくなるため、いくら長期間婚活を行っていても時間とお金をムダにするばかりです。

お金を払って結婚相手を探すと決めたのなら、自分から積極的にアプローチを仕掛けていく強い気持ちを持たなければなりません。

特に人と比べて学歴や年収、容姿などが秀でておらず平凡な人ほど、他の人よりも精力的に婚活を行うことで理想の結婚相手を見つけることが可能になるのです。

自分に自信がないと受身体質になりやすいため、自分磨きを行い積極性を培うセミナーなどに参加してみるのも良いでしょう。

理想が高すぎる

男女共に結婚できない人の特徴として多いのは理想が高すぎるという点です。特に年齢が上がれば上がるほどこの傾向は増えていきますが、年収や相手の学歴、職業など様々な項目において自分が理想とする人でないと結婚対象としては見られないとプロフィールを見た段階で見切りをつけてしまうことがあります。

しっかりと話してみれば意外と自分とフィーリングが合う人かもしれないのに、書類上のスペックだけでせっかくの出会いをフイにしてしまうことは大変もったいないことです。どうしても譲れない項目だけは守り、それ以外は理想を少し落としてみるのも婚活では大切なことです。

結婚生活をおくっている上で職業や年収などは変わる可能性もあるため、現在での状況だけで全てを気にしてしまうのはあまりにももったいないことでしょう。妥協を覚えながら婚活を行っていけば良い相手とめぐり合うチャンスは広がっていきます。

表情が暗い・固い

特に失敗を重ねてばかりの人に多いのがこの特徴です。またお見合いを断られるのではないか、自分と話していて楽しんでいるのか、などとネガティブなことを考えてばかりいると表情が暗く悲しいものになってしまいます。

そんな状態を続けていると素顔でも表情が固く相手に悪い印象を与えかねないため、自然な笑顔が出せるように楽しいことや明るいことをイメージするように心がけましょう。

まとめ

結婚できないと悩んでいる人の多くはいくつかの項目に当てはまっていることでしょう。結婚相談所で上手に婚活を行うためには自分の意識や行動を少しずつ良いものにチェンジさせることが有効です。

不安な方は、結婚相談所のサポートスタッフに相談して、サービスを活用していきましょう。


スポンサードリンク

-結婚相談所

Copyright© こいきた | 恋する毎日が来る , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.