こいきたは毎日、恋をしたくなるようなあなたにぴったりな情報を発信するWEBメディアです。

こいきた | 恋する毎日が来る

結婚相談所

結婚相談所で知り合ってからプロポーズまでの期間とそのタイミングについて

投稿日:

結婚相談所は、婚活をしている男女にとってはとても心強い味方となる存在です。結婚相談所の会員は、いずれも結婚したいという強い意欲を持って活動している人たちですから、ここで知り合ったカップルの成婚率はとても高いです。

しかし、どんなに結婚願望の強い人でも、プロポーズのタイミングを逃せば、うまく結婚に持ち込むことはできません。では、結婚相談所で出会ったカップルは、知り合ってからどれくらいの期間でプロポーズをすればいいのでしょうか。


スポンサードリンク


初回のお見合いはまずは自己紹介まで

一昔のお見合いでは、男女はたった一度の出会いだけで結婚を決めるのが一般的でした。ほとんどの場合は互いの両親や仲人が同席しているので、当人同士が親しく言葉を交わす機会などほとんどなかったでしょう。

まさしく、第一印象だけで結婚相手を決めていたということになります。あるいは、両親が薦めるのならばどんな相手でもいい、という考えもあったかもしれません。

しかし、現代ではそのようなわけにはいきません。結婚相談所のシステムは、昔ながらのお見合いに近いものがありますが、昔との違いは、あくまで当事者同士の恋愛感情が優先されるということです。ですから、知り合ってから間もない相手に、いきなり結婚を切りだすのは賢い選択とは言えません。

まずは恋愛の期間を楽しんで二人の気持ちが盛り上がった所で結婚を申し込むのがベストです。初回の出会いでは、まずは自己紹介と相手を知ることに努めるようにしましょう。いきなり結婚の話題を切り出しては、相手に警戒感を抱かせてしまいます。

交際期間は最低でも二カ月は必要

初回の出会いで好印象を抱いた相手とは、その後も何回かデートを重ねて、お互いにより良く相手を知るようになります。相手のことを知れば知るほど、ますます思いが強くなり、結婚したいという気持ちになるでしょうが、その場合でも焦りは禁物です。

特に女性の場合は、結婚に対してはどうしても慎重になりがちになります。付き合ってすぐに結婚を持ちかける男性は、どんな女性に対しても同じことを言っているのではないか、と疑心暗鬼になってしまうことさえあるのです。

ですから、いくら結婚相談所で知り合ったカップルとはいっても、最低で二カ月程度の交際は必要といえるでしょう。週に一回のデートを重ねれば、二カ月で十回くらいは相手と会うことになるので、相手のことを知るには最低限必要な時間は過ぎたと言うことができます。

できるだけ早く結婚したい人は、まずはそれくらいデートを重ねてから結婚を申し込むといいでしょう。

長くても半年以内にプロポーズする

さて、あまりにもすぐに結婚を申し込むのはあまり薦められることではありませんが、かといって、いたずらに交際を長引かせるのも良くないことです。いつまでもずるずるとデートを重ねていると、相手は自分がどれくらい本気なのか、本当に結婚したいのか、と疑問を抱いてしまいます。

相手によっては、自分を見限って別の相手を探し始める、ということにもなりかねません。このような事態を避けるためには、知り合ってから半年くらいの間には、結婚を申し込むようにしましょう。

それ以上付き合いを長引かせるのは、二人のためになりません。それでも結婚に踏み切る覚悟が持てない時には、思い切って別の相手を探すほうがいいでしょう。

まとめ

このように、結婚相談所で知り合った相手とは、あくまで結婚を前提とした付き合いをするわけですから、いたずらに交際を長引かせるのは禁物です。

かといって焦りすぎるのも良くありません。相手との付き合いを見計らって、適切なタイミングで結婚を申し込めば、きっと色良い返事が得られるでしょう。


スポンサードリンク

-結婚相談所

Copyright© こいきた | 恋する毎日が来る , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.