こいきたは毎日、恋をしたくなるようなあなたにぴったりな情報を発信するWEBメディアです。

こいきた | 恋する毎日が来る

恋活

20代30代40代恋活の始め方と必勝方法について

投稿日:

いくつになっても、恋愛は楽しいものですし恋愛を始めるのには勇気や体力が必要になります。このため、それぞれの世代によって始め方や必勝方法は大きく変わってきます。恋活で相手に選ばれる、あるいは理想の相手の心をキャッチするいい方法はないのでしょうか。


スポンサードリンク


20代のうちは複数に行き、気軽に会ってみる

まだ結婚なども考えられない、と考える20代でも、交際相手がほしいからと恋活を始める人は少なくありません。恋活は出会いの手段としてはとてもいいものですので、ぜひ始めてみるといいでしょう。恋活の主流となっているのは20代ですので、基本的にあまり怯むことも気後れすることもないのではないでしょうか。

基本的に気楽にあってみて、様々な人と交流してみると楽しいでしょう。そうやって色々な人と出会い関わっていくことで、徐々に自分がパートナーに求めるものも変わってきます。さまざまな種類のひとがいますから、ぜひ参加してみるといいでしょう。この時にコツとなるのはノリや楽しさです。

恋活はだれでもが緊張していますから、積極的に行ったほうがかなり有利になります。あなたが恋愛面では魅力的な人物だったとしても、はじめ方が積極的な人には負けてしまうこともあります。是非積極的に行きましょう。女性は笑顔を、男性は優しさを忘れないようにしましょう。

30代は先のことを考えながら、気楽に参加してみる

30代の場合は、先のことを考えて結婚も視野にいれているのか、それとも結婚を考えず、あくまでも籍を入れないパートナーがほしいのか、ただの恋人・遊び相手がほしいのか、というように、様々な需要があります。このため、30代の場合はそれなりに充実している相手と出会うことが出来るでしょうし、一緒に過ごしていてもそれなりに気の合う相手かどうかもすぐに分かります。

その一方で、結婚したいほど良い相手でも遊びたい人なのかも分かってしまいますよね。このため、必勝方法としてはある程度しっかりとそのようなところを見極めておき、そこから自分の需要とマッチする人を選ぶことがひとつのポイントになります。必ず相手がどのような人であれ、今後のことは脇においておけない世代となっているのです。

その分、非常に見る目もシビアになっています。一方、始め方としてはある程度積極的にということもありますが、大人だからと自分でも気づかない間にプライドが高くなっている傾向があります。このため、誘われたら、ではなく、気になるイベントがあったら参加してみる、というくらいの気楽さで参加してみるといいでしょう。

40代の場合は相手を選びながら、静かに進めていく

恋活は若い人のもの、という考え方があるようですが、最近は40代のそれなりの年代の人が、これからを見据えてパートナーを欲しがるケースも有ります。実は、残念ながら40代の場合はあまり市場も多くなく、始め方もけっこう厳しい物があります。ですが、参加してみると多くのことを学べますし、年齢が高めのひとでも釣り合う方も最近は積極的になってきました。

また、そこまでガツガツしていない分余裕を見せることもひとつの方法となっています。この世代の場合、気をつけたいのが極端に若い異性ということでしょう。中には心の底からかなり年上好きがいる一方で、お金目当てや財産目当てという人もいます。このような人に気をつけながら、ゆっくり静かに進めていくといいでしょう。

まとめ:
恋活は、婚活ほど敷居も高くなく、気楽に始める人が多いものです。出会いも多く、いい人と出会ってからの人生に魅力的な楽しい物を増やすのにとてもいいものといえるでしょう。年齢によって攻略法にも差がありますが、やはりあなた自身が魅力的かどうか、ということはとても重視されるところです。積極的に参加してみましょう。


スポンサードリンク

-恋活

Copyright© こいきた | 恋する毎日が来る , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.