こいきたは毎日、恋をしたくなるようなあなたにぴったりな情報を発信するWEBメディアです。

こいきた | 恋する毎日が来る

婚活

婚活からプロポーズまでの平均期間はどのくらい

投稿日:

婚活の際に、実際に相手と一対一で何度かデートを重ねていくうち、少しずつ結婚したいと思うようになってきますよね。この時に次の段階に進むためにプロポーズするまでのおおむね平均的な期間は、一体どのくらいでしょうか。


スポンサードリンク


大体3ヶ月から6ヶ月くらいが平均期間

まず、婚活の統計によると、だいたい3ヶ月から6ヶ月が婚活でプロポーズする際の平均的な期間とも言われています。一般的なお付き合いの場合は一年から一年半で結婚を決めるとなっていますから、それから考えると非常に早くなっています。

これは、婚活というお互い目的がしっかりした出会いだから、ということがあるでしょう。基本的にお互い結婚を前提としたお付き合いですし、ある程度お互いの状況を把握したうえでお付き合いすることになるので、期間は若干短めとなっています。このくらいの期間に何も支障がなく、特に結婚相手としてふさわしければ結婚、ということが王道です。

中には1ヶ月で決める人も

ただ、中には一ヶ月程度でさくっと決めてしまうという人もいます。この場合はどちらかが魅力的で手放したくない、と思うというケースもありますし、結婚したいという気持ちが非常に高かったので結婚した、という人もいます。

スピード婚で円満に暮らしている夫婦もたくさんいますから、それはそれで問題がありません。ただ、どちらかが渋っているのであれば強引にというのは考えましょう。

あまり年単位で考える人はいない

婚活をする人の主流は、20大後半から30代となっています。このくらいの世代の人たちにとって、結婚するというのはとても真剣で重要なことなのです。このため、年単位でゆっくり考えたいとか、普通のカップルのように過ごしたい、ということはほとんどありません。

このため、年単位でお付き合いをしている、というカップルはほとんどいません。中にはお付き合いの途中で何らかの不幸ごとがあり、お互いの合意の上で一年間喪中のためプロポーズ自体を避ける、ということはあります。

ただ、そのような不幸ごとがない限りは、大体一年も何もなければ、相手は次に行ってしまうことは容易に考えられることです。そのようなことがない限りはまず普通の恋人同士のような交際期間を取る、というのはまず考えられません。恋愛とは根本的に違うのだ、ということをよくわきまえておきましょう。

決めてから見極めるのが難しければ、仲人さんなどに相談することも

ところで、もし婚活でいい相手を見つけても、すぐに結婚というように考えられないのであれば、何が引っかかっているのかを考えるといいでしょう。半年を過ぎてもプロポーズしてこないのなら、相手は自分に不満があるのかもしれないと考えることもあります。そのようなときに展開の早い別の方と先に進んでしまう、ということも考えられることです。

もしプロポーズすることを迷うのであれば、客観的に見られる人に相談することも大事です。この時に大事なのが自分の側に問題があるのか相手の方に問題があるのかを考えなくてはならないということでしょう。自分が思い切れないだけなのか、相手に何らかの大きな欠点があるのか、自分の方に問題があるのかもしれませんので、多角的に考えてみることが重要になります。

まとめ

婚活の場合は、一般的な恋愛結婚とは結構手順が変わってきます。一般的な恋愛結婚よりもスピーディに行くことが多く、相手に対して待たせるのが失礼になる、というのも、恋愛結婚とは違うところでしょう。

大体半年程度で見極め、その間に何度も会っていろいろな決断をするといいですね。ある意味、結婚というゴールが見えている分、良いお付き合いが出来る人にも出会いやすいのです。ぜひ積極的に行動してみましょう。


スポンサードリンク

-婚活

Copyright© こいきた | 恋する毎日が来る , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.