こいきたは毎日、恋をしたくなるようなあなたにぴったりな情報を発信するWEBメディアです。

こいきた | 恋する毎日が来る

婚活

婚活中の告白されない4つの理由

投稿日:

結婚していい男性と出会い、子供も作って幸せな家庭を築きたいと考えて婚活に頑張る女性は多いです。ある程度の年齢になり、仕事も落ち着いてふとした瞬間に将来のことが不安になって結婚のことを真剣に考え始めるといった例も多く、街の婚活パーティーなどには連日多くの人が参加しています。そしてフィーリングの合う男性に出会うまではいいのですが、なかなか告白されないという状況に陥る女性もいるのです。


スポンサードリンク


家庭的な印象を持てない女性は男性に告白されない。

結婚生活を行うには、家庭的な女性がいいと多くの男性は思います。若い時に女性を見る際は容姿やスタイルなどに目が行きがちだった男性も、いざ結婚を考えた場合、その女性に家庭的な部分があるのかといった部分を見ています。

お金の使い方一つをとっても、自分の気に入った服はお金がなくてもクレジットで買ってしまうというといった女性には、もし結婚したら家計を任せるには不安であるといった印象を持つのです。

女らしさを見せることも大切。

結婚は恋愛におぼれた状態で出来ないことは事実ですが、かといってやはり男と女が一緒になる訳ですので異性として魅力を感じないと結婚へは結びつきにくいものです。

婚活をしていい男性に出会い、結婚のことばかりを考えるようになると女性としての魅力を磨くことがおろそかになる場合もあるのですが、そういうふうにしているといずれ男性に飽きられてしまいかねません。

男性としても仲良くなった途端安心して自分の前で平気で化粧をしたりされる女性には気持ちがだんだん冷めてきたりもするのです。従ってあくまでも結婚を前提とした付き合いをする場合でも、学生時代に恋愛している時のようにどきどき感を男性に持たせることに気を配らないといけないのです。

結婚を焦った態度を男性に見せると逆効果です。

物事に焦りは禁物です。しかし年齢が35歳を超えたような女性の場合、出産のこともありますし、両親を早く喜ばせたいとの焦りから男性に早く結婚を迫ることがあるのです。しかし男性の側の考えがそこまで盛り上がっていない場合、男性はそういった女性の態度に不信感を持つものです。

婚活中でなかなか告白されない理由はこういった場合にもあるのです。これは逆のケースを考えても分かることで、一度自分の両親にあって欲しいと男性に言われた場合、まだその男性との結婚まで気持ちが固まってない場合は気持ちが乗らないはずです。しかも無理に男性の両親と顔合わせさせられてしまったような場合、気持ちの負担にもなります。

料理が下手なことも結婚にはマイナスです。

女性の社会進出により、家事は旦那さんと分担というふうに考える女性は多いですが、これを前面に押し出して話をする女性にも男性は負担を感じます。

食事を作ってもらうことが目的で結婚する訳ではないことを現代の男性の多くは心得ています。しかし、その部分で自分の考えを主張する女性には、どことなく癒される気持ちを持つことも出来ず、一緒に住むとしんどいだろうと想像されてしまうのです。

食事以外の掃除、ゴミの日のゴミ出しなども同じ調子で言われると、妻に命令されていると感じる男性もいるものなのです。

まとめ

婚活をして付き合っている男性がいるにもかかわらず、結婚しようと告白されない状況は辛いものです。相手が自分をどう思っているのか直接聞くわけにもいきませんし、女性である自分から告白する勇気がない場合も多いでしょう。

そういった場合は、自分が告白されない要因があるのか一度じっくり考えて見るのが良いです。自分の悪い部分に気が付いて男性の前で改善した行動するように気をつければ、時間が経てばその努力が実って告白される可能性もあるのです。


スポンサードリンク

-婚活

Copyright© こいきた | 恋する毎日が来る , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.