こいきたは毎日、恋をしたくなるようなあなたにぴったりな情報を発信するWEBメディアです。

こいきた | 恋する毎日が来る

婚活

アラサーの婚活で高望みしたらダメな4つの理由

投稿日:

結婚したい男女が積極的にパートナーを見つけようとすることを婚活といいます。婚活には自分磨きからお見合いパーティーの参加まで幅広いものが含まれます。アラサー女子にとって結婚はいよいよ現実味を帯びてきます。

理想だけではうまくいかないということにも気が付かないといけません。そんなアラサー女子が陥ってしまいがちな失敗が、高望みしすぎるということです。では、高望みがダメな理由を解説していきましょう。


スポンサードリンク


王子様はいません

理想の男性像は誰しも持っているものですが、現実世界には理想とぴったりの人物などなかなか出現しません。自分を物語の主人公にしてしまうと、いつか王子様がという妄想に取りつかれてしまいます。まずは、自分がお姫様ではない事を認識しましょう。

あなただけに選ぶ権利があるのではなく、あなたも選ばれる側であることを忘れてはいけません。選ばれる女性に近づくことのほうが、最終的にはあなたに選ぶ権利が与えられることになります。自分を理想の女性にするための努力をすることが、婚活を成功に導く近道です。

チャンスを逃す

年収や学歴は大きなポイントになることは否めません。しかし、そればかりにとらわれて選別しようとすると、本当に大切なものを見逃してしまう恐れがあります。あなたがはなから相手にしなかった男性が、本当は素敵な内面の持ち主だったかもしれないのです。そうして選んでいるうちに、選べる人材がいなくなってしまうということもあるのです。

選ぶ権利は誰にでもありますが、そういったことで選ばれていることは決して嬉しくはないものです。自分がもし、年齢と顔だけで振り落されたとしたら、いい気持ちはしないでしょう。自分がしてほしくない事は自分もしないというのは人間関係の基本です。チャンスを逃さないためにも、門は広く開けておくことが肝心です。

自分を偽る

高望みの相手は高学歴でお金持ちでしょうか。そんな相手とおつきあいするとなると、自分の着るものから話す言葉まで相手に見合ったものを選ぶ必要があります。そうしなければ、せっかくの相手に不釣合いと思われてしまうかもしれません。しかし、そうして作られた自分は、本来の自分とはかけ離れてしまっているかもしれません。

そのまま結婚したとしても、疲れてしまいます。婚活のゴールは結婚ですが、結婚は人生のゴールではありません。長い長い結婚生活というものを続けていかなければいけないのです。その時に自然体のあなたでいられることはとても重要なポイントになります。偽りの自分を続けていくことが幸せかどうか考える必要があります。

婚活の意味

婚活しているアラサー女性は、まだまだ若いという思いと、早く抜け出したいという思いとが錯綜して余裕と焦りの両方を持っています。仕事や自分の趣味などと結婚を両てんびんにかけて、このくらいの男性だったら結婚してもいいという考えになりがちなので、理想はどんどん高くなっていきます。

そうして仕事が勝っていくたびに、それが当然の結果になっていきます。そうするともう婚活は仕事が大事だと再認識する場にしかなりません。自分の生きる道は仕事しかない、という結果に陥らないためにも、理想は仕事のやりがいと比べない事です。

まとめ

20代後半から意識する結婚ですが、ますます晩婚といわれる時代、男女ともに結婚できないというのは理想の高さが原因であるといわざるおえません。みんながうらやむほどの相手と結婚したいと思うのは自然なことですが、必ずしもその思いが成就するのが結婚ではありません。婚活を成功させるためには、まず自分を見つめなおし、自分と結婚したら相手が自慢できるくらいの女性になることを目標としましょう。


スポンサードリンク

-婚活

Copyright© こいきた | 恋する毎日が来る , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.