こいきたは毎日、恋をしたくなるようなあなたにぴったりな情報を発信するWEBメディアです。

こいきた | 恋する毎日が来る

婚活

年代別の婚活男女の結婚率について

投稿日:

婚活をするのであれば、なるだけ需要や供給が高く、性別や世代的に有利になる時に効率よくいい相手と出会いたい、と考えるような人もいますよね。このような考え方に限らず、年代別の婚活男女は、だいたいどのくらい結婚するものなのでしょうか。


スポンサードリンク


女性なら若いほうが有利なのは間違いない

まず、非常にシビアなデータとしては、女性はやはり若いほうが人気があり、またモテている傾向があります。基本的に婚活市場は30代40代の男性でも20代の女性を求める傾向があり、そこに男女の差が出る傾向があるようです。

このため、基本的に婚活の際に女性は年齢に重きを置き、また若いほうがある程度需要があり結婚しやすいのだということを弁えておきましょう。基本的に大体の場合は成婚率が高くなりますし、また自分が望んだのよりも良い相手と出会うことが出来ます。

このため、中には選び放題だと考えるような女性もいますが、そんなこともありません。この20代というのは、一般的には見た目の良さも重視される傾向があります。とはいえ、20代のうちにというのは間違った選択肢ではないようです。

30代は男性のメイン世代。様々な世代と成婚している

また、結婚率で言えば30代男性も非常に良いようです。基本的に30代になってようやく男性としての魅力が増してくるのですから、そのようなときに有利に良い相手と結婚することはとてもいいことといえるでしょう。婚活の際、男性は30代が最も多く、また重視される世代でもあります。基本的に年齢と言ってもそこまで歳を取り過ぎているというわけではなく、またこの頃に成婚する人のほうが多いようです。

30代前半の女性も多い結婚率

そして、結婚相談所などでも30代の女性はとても多くなっており、結婚出来る確率も高くなっています。結婚に関しては男女別で言えばそれぞれボリュームゾーンのため、ある程度結婚しやすくなっているのです。また、30代男性との結婚に至る可能性も高くなり、幸せを掴んでいる人の数も多くなっている傾向があります。基本的にこのくらいの世代の人であれば、幸せな結婚ができるようですね。

30代後半になると下がっていく

一方、これから徐々に30代後半になると、男女どちらをみても結婚が出来る確率は減っていきます。一般的に結婚できる可能性は30代前半までであることが多く、特に35歳以降はがくっと下がってしまうのです。これは一般的な結婚率と同じグラフですが、特に婚活男女の場合はかなり選ぶのが難しくなってくるようです。

この頃になると、互いの様々な条件に目が行きますし、結果的に人を見る目も肥えています。それが仕事や日常生活ではいいのですが、こと婚活となると非常に相手をシビアに見てしまう傾向があるようです。

40代以降は低空飛行ながらも良縁に恵まれている傾向

40代以降の場合は、ほとんど結婚ということはないようです。ただ、これは一般社会よりも非常にシビアになっている婚活市場でのことで、仮にあなたが年齢を補ってあまりあるものがあれば、この限りではありません。中にはどうせ大同士の出会いを求めても、お互い成婚もせず、籍を入れるのも煩わしいからと成婚することはなくても良いパートナーとしてお互いを尊重し合うような間柄になることもあるようです。

まとめ

ボリュームゾーンとしてはだいたい20代後半から30代前半となっており、一般的なものともあまり差がありません。ほぼ世間の需要にマッチしたような形での成婚になりますから、基本的に年代別でも驚くほど差が出るようなことはないのです。

ただ、中には成婚にかぎらず、良いパートナーと過ごしたいという人向けのものもあります。そちらも参加してみるといいでしょう。


スポンサードリンク

-婚活

Copyright© こいきた | 恋する毎日が来る , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.