こいきたは毎日、恋をしたくなるようなあなたにぴったりな情報を発信するWEBメディアです。

こいきた | 恋する毎日が来る

婚活

婚活で同時進行している時の断り方

投稿日:

とにかく早く結婚をしたいと考えている方は、同時進行で婚活を進めている場合が多くあります。合コンに行ったり、街コンに行ったり、結婚相談所にも登録していたりと、いろいろとされています。そのような場合は、どの場所でもいろいろな異性と出会うことになります。

しかし、結婚するとなると、一人に絞らなければいけません。一人に絞る場合は、誰かを断らなくてはいけないのです。断るというのはなかなか難しいことですし、大変なことでもあります。婚活を同時進行していた場合の、断り方を紹介していきます。


スポンサードリンク


はっきりと伝える

断る場合は、本当のことを言ってはいけません。本当のことというのは、どうしても早く結婚したくて、婚活を同時進行していたという事実です。そこまでは言う必要ないのですが、自分の好みではなかったということをはっきりと伝えることが大切です。はっきりと断るということは、なかなか難しいことです。しかし、はっきりと断らなければ、相手にまだのぞみがあると思われて期待させてしまうのです。

もうその相手とは絶対に結婚を考えることができないと思っているのであれば、その事実をはっきりと伝えることが大切になってくるのです。あいまいな言い方をしては絶対にいけません。また、機会があれば会いたいというようなことも、その気がないのであればいってはいけません。

そうしなければ、相手にも無駄な時間を費やさせることになってしまいます。相手も早く結婚相手を見つけたいと考えて婚活に取り組んでいます。そのため、相手の時間を無駄にしないためにも、そのときは傷つくかもしれませんが、はっきりと断るべきなのです。

断り方はメールでも電話でもいい

直接断るのが苦手だという方は、メールや電話を使うのも一つの方法です。断るという行為は、なかなか大変ですし苦手な人が多くいます。そのため、先延ばしにしがちです。しかし、いつまでもそれではいけません。直接会って言うことがどうしてもできない方でも、電話やメールであればすんなりといえることもあります。特にメールは、冷たく感じるので断るには一番いい方法かもしれません。

断られるのが嬉しい人はいないものです。そのため、直接会って言われるよりも、メールのほうがいいと思っている人は多いものです。メールのほうが、辛さは減るものです。断るほうもいいやすいものです。メールでもはっきりと断ることが大切です。あいまいに断ってしまうと、相手も困惑してしまいます。もうあなたとは今後会いません、とはっきりと言うことが大切です。

もしも、今後も会いたいと言われても、きちんと断ることが大切です。その気がないのに相手とデートしたり食事に行ったりするのはとても失礼です。遊んでいるのも同じです。その気がないのであれば、他に好きな人ができた、などわけも説明してはっきりと言うことが大切です。

嫌いになったとはっきりいうのもあり

嫌いになったとはっきり言うのもありです。その場合には、なぜ嫌いになったかを説明することも大切です。もう会いたくないとはっきり言うことで、相手も期待しなくなり、すぐに次の相手探しをされるはずです。相手にとっても婚活する時間はとても貴重です。希望のない自分にいつまでも期待されていることは、とても失礼です。

まとめ

婚活を同時進行することで、より多くの人と出会うことができます。その分結婚をすぐにすることができますが、そうなってくるとお断りしなければいけない方が必ず出てきてしまいます。相手を傷つけたくないという気持ちもわかりますが、はっきりと断ることが相手のためでもあります。いつまでも期待されているのも困りますので、はっきりと断ることが大切です。


スポンサードリンク

-婚活

Copyright© こいきた | 恋する毎日が来る , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.