こいきたは毎日、恋をしたくなるようなあなたにぴったりな情報を発信するWEBメディアです。

こいきた | 恋する毎日が来る

婚活

婚活で専業主婦希望のメリット・デメリット

投稿日:

婚活で専業主婦希望である人はたくさんいるかもしれません。専業主婦は共働きと違って、外で働く必要がありません。ただ、婚活で専業主婦希望とする時には、メリットとデメリットがあるということについて、知っておくことが大切になってきます。しっかりとした上で婚活をしていくようにしましょう。


スポンサードリンク


婚活で専業主婦を希望するメリット

結婚相手の条件を決めることができる

とても良い利点としては、収入がある程度ある人だけを対象として考えられることです。専業主婦になるためには、夫の収入がある程度なければ、やっていくことは出来ません。妻、子供をすべて養っていくだけの収入が必要になってくるのです。そのためには、安定した職業についていることはもちろん、年収もある程度は求められます。

専業主婦を希望することになると、条件をしっかりと決めることが出来るようになります。自分がどれぐらいの年収の人と結婚をしたいのか、どんな職業の人の方が安定しているかなど、色々としっかり決めやすくなるのです。

家庭的な女性を求める男性に好印象

また、男性の中には、専業主婦になってほしいと考えている人もたくさんいます。そのような人は家庭的であることを求めているため、専業主婦を希望していると言うと、家庭的なのだという印象を与えることが出来るのです。外で遊んだり働いたりすることよりも、料理や洗濯、掃除などの家事が好きなのだと考えてくれることが多いです。

もちろん、専業主婦を希望する時は、ある程度、家事が出来るようにしておくことも大切です。同時に、料理が得意であることをアピールすると、婚活もよりスムーズにすすんでいくはずです。職業によっては専業主婦でなければ、支えていくことが出来ないこともあります。

妻の出番が多い職業の男性から必要とされる

商社マンや医師などは、とても大変です。妻としていろいろと接待などにも出席をすることがありますし、夫の職場関係でのつきあいもさまざまにあります。社宅に入っている場合などは、とくに妻同士のつきあいがあるので、外に出て働いていることが難しくなるのです。職業によっては専業主婦であることを希望している人も、たくさんいるので、そのような職業に絞って探してみるようにすることもよいでしょう。

婚活で専業主婦を希望するデメリット

結婚相手の範囲が狭くなる

あまり良くない点としては、範囲が狭められてしまうということです。夫にある程度の収入がなくては、専業主婦をすることは出来ません。そのため、年収や職業などについて、対象とする範囲が狭くなってしまうことがあります。

妥協も時には必要となる

もちろん、年齢などにこだわらないようにすれば、範囲を広げることが出来ます。ただ、年収や職業を優先するために、年齢や容姿などについて、妥協しなければいけないこともあるのです。結婚相手を探す時に専業主婦を希望している場合は、まず、年収と職業をしっかりと決めます。ただ、それ以外の希望条件については、ある程度妥協するようにしましょう。すべてを満たした人を見つけることが出来たら、とてもよいですが、なかなか難しいです。

求められる条件も厳しくなる

また、年収が高い人の場合は、相手の人に求める条件も厳しいことがよくあります。容姿や学歴、家柄などについて、細かく希望をしてきます。年収の高い人だけを集めたパーティーなどもありますが、出席するためには高い参加費を払うことがよくあります。

まとめ

専業主婦希望として婚活していく時は、メリット、デメリットがあることをしっかりと知っておくようにしましょう。希望条件はしっかりと定められますが、範囲が狭くなってしまったり妥協せざるをえないこともよくあります。

ただ、どのような時でも、色々と工夫をすれば乗り切っていくことは出来ます。自分が希望していることであるのなら、しっかりと気持ちを強く持って結婚相手を探していくことが大切です。


スポンサードリンク

-婚活

Copyright© こいきた | 恋する毎日が来る , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.