こいきたは毎日、恋をしたくなるようなあなたにぴったりな情報を発信するWEBメディアです。

こいきた | 恋する毎日が来る

モテ

モテる男の4つの落とし方

投稿日:

モテたいというのは、実際のところ多くの男性が思っていることでしょう。そんな中、「モテるのはどうせごく少数のイケメンだろう」と思ってしまう方も少なくはないと思います。しかし実際周りを見渡してみるとどうでしょう?

モテる男というのが必ずしも顔が整っている、イケメンであるというわけでもないことがわかります。ではモテる男とそうでない男の境界線はどこにあるのでしょうか。


スポンサードリンク


モテる男は行動と意識が違う

冒頭でも書いた通り、モテるか否かは顔や外見のみでは決まりません。もちろん外見も大事な要素ですし、自分にあった髪型やオシャレで自分を磨くこともモテるための一因と言えますが、ここでは「内面」的な要素にフォーカスしていきます。

モテる男とそうでない人の頭の中や普段から意識している部分、行動や女性の落とし方、習慣の癖はもちろん異なります。一体どう違っているのでしょうか。

自分に自信を持つ→表情や外見に出る

まずわかりやすい違いとして見受けられるのは、自分に自信を持っているということです。そんなこと言ったら元も子もないじゃないか、モテるから自信があるんだよ、などの声も聞こえてきそうですが、別に初めは「根拠」などは無くても良いんです。一種の自己暗示や思い込みの様なものです。

自分に都合のいい思い込みをし、前向きになっているときは自然と表情も明るくなり、口調にも自信が溢れてきます。そしてそういった人は人間関係も円滑で、仕事やプライベートも充実しているように見えます。

そうして滲み出た雰囲気がかなり本人の印象を良くしてくれるので、ここまでメリットがあるのであれば、まずは思い込みでも何でも自信を持ってみようという気になるのではないでしょうか。

周りの目線を気にしない

これは周りに迷惑をかけるという意味ではありません。要は「良い意味で恥知らず」という意味です。メールなどの個人戦であれ、合コンなどの集団戦であれ、恋愛には他人の目が気になる場面というのは多数あるかと思います。

しかし、実際は「相手に、相手の周りにこういわれたらどうしよう」などと言った心配は意味がないですし、実際どう思われるかという心配そのものが自分の人生にとって、気にしてもしょうがないことだ、ということをモテる男は知っています。

いきなりこういったメンタリティーを身につけるのは困難でしょうが、この要素は「自信」というものと比例して着いてくる部分でもあります。

ゲームのように自分を客観視してみる

ゲームのようにというと例えが悪いかもしれませんが、自分を客観視するというスキルは恋愛にとって重要です。「恋は盲目」という言葉があるように、実際に恋愛という場面になると周りが見えなくなったり、正常な判断が出来なくなったりしてしまいます。だからこそゲーム感覚で、一歩引いて気軽に楽しめるマインドが大事になってきます。

適度なボディータッチや心理学の応用

実際に女性と対面しての落とし方のスキルとなると、相手によって千差万別ですし一概には言えませんが、大事なのは、「それらを勉強すること」「それを実行できる度胸」です。

元々外見に恵まれているというなら話は別ですが、そうでない場合はそれなりの成功や失敗を重ねて経験を積むことが必要ですし、実際にモテる男はそれらを惜しみません。そして勇気を持って実行する度胸も自信も、経験や場数を踏むことで倍増していくことでしょう。

まとめ

幾度も記載しましたが、大事なのは自信を持つこと、物怖じしない度胸と自信です。モテなかった男が一瞬でモテる男に変身することはあり得ません。しかし少しの努力と発想を転換していくことで徐々に変身していくことは充分可能です。

今までの自分を変えるわけですから、初めは誰だって勇気が必要です。しかしそれを乗り越えた先に待つ新しい自分に向かって、勇気を持って一歩踏み出してみるのもまた楽しい恋愛の醍醐味ではないでしょうか。


スポンサードリンク

-モテ

Copyright© こいきた | 恋する毎日が来る , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.