こいきたは毎日、恋をしたくなるようなあなたにぴったりな情報を発信するWEBメディアです。

こいきた | 恋する毎日が来る

お見合い

お見合いの男性からの断り方のマナーと主な理由について

投稿日:

いわゆる結婚適齢期を過ぎても独り身でいると、職場の上司や親戚などが見合い話を持ってくることがあります。大きなお世話と感じることもあれば、それをいい機会と考える人もいるでしょう。

しかし、お見合いというあらたまった場には簡単に挑戦できないものです。運命の相手にめぐり合うこともあれば、その逆もあります。

写真ではよかったけれど、実際に会ってみたらピンと来なかった、という経験をした場合、責任感の強い人ならばどうやって断ればよいのか悩むことがあるでしょう。無責任なことをすれば、社会的信頼を失うことにつながります。

相手に不愉快な思いをさせないためにも、後々自分の心を悩ます種にならないためにも、マナーのよい断り方をすべきです。男性の方から無下に断ることは失礼という風潮もありますが、その気がないのに気をもたせる態度が一番よくありません。


スポンサードリンク


お見合い自体を断りたいとき

話しをもってきてくれた方にきっぱりと自分の気持ちを伝えましょう。

「まだ結婚の意志がありません」あるいは、「お見合い結婚をする気がありません」と伝えましょう。

強引に断ることは、気が引けるかもしれません。しかし、無責任な態度をとれば後々後悔するのは自分です。

例えば「勝手なこととは思いますがもし将来お見合いをする気持ちになったときには相談させてください」というように、話しをもってきてくれた相手に対して感謝の気持ちや信頼の気持ちを伝えておきましょう。

まずはきっぱりと断ること、次に、お見合い話しをもってきてくれたことに対する感謝の気持ちをあらわしましょう。

内心では余計なお世話と思っても、それを態度にあらわすことは大人気ないことです。

実際に会ってはみたものの、いまいちだった場合

結婚相談所などで、写真やプロフィールを気に入り、実際に会うところまでこぎつけたとします。実際に会うということは、お互いが結婚に対して前向きであることは間違いありません。

話しをしてみた結果、交際したり結婚したりするイメージをもてないことがあります。次にまた会いたいと思えなければ、きっぱりとお断りします。

断るときは簡単です。仲人さん、もしくは結婚相談所の仲介役の人にそう告げればいいのです。詳しい理由を言う必要はありません。ただ、また会いたいと感じられなかった、と、簡潔に伝えればいいでしょう。
仲介役の方は、そういった場合に相手に断ることも仕事のひとつです。

相手には断る理由の詳細を伝えないほうがよいことも

写真やプロフィールを気に入り、お付き合いがスタートしたとします。結婚を前提にした交際ですから、お互いに真剣な気持ちです。

何度かデートを重ねているうちに、付き合う分にはいいけれど結婚となると違う、と、感じることがあります。

そういった気持ちを押し隠したまま話しをすすめても、偽りの気持ちがあれば、最終的にはお互いが傷つくだけです。ある程度付き合いがすすむと、今更断りづらいと思うかもしれませんが、その気がないのにだらだらと付き合っても事態が好転することはありません。

相手によっては、断られる理由を知りたいと思うでしょう。しかし、断ることを決めたのならば自分側に非があるということをきっぱりと告げることが大切です。

たとえ相手に不満や問題があったとしても、自分に落ち度があると告げるのがスマートな男性の断り方です。経済的にも精神的にも相手を100%不安にさせない自信がないとか、自分に未熟な点があるということを伝えましょう。

まとめ 男性の方から断ることは悪いことではありません

できるだけ早い段階で見極め、断ることが大切です。仲介役を通して、断りたい旨を伝えてもらいましょう。

また、相手に自分から告げる必要があるときも、相手の不満や問題に対しては口にしません。自分にとっての真実を告げる必要などないのです。

相手にとってはもう縁のない人にあれこれ言われるのは、本人のみならずその家族まで傷つけることにもなりかねません。充分に注意しましょう。


スポンサードリンク

-お見合い

Copyright© こいきた | 恋する毎日が来る , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.