こいきたは毎日、恋をしたくなるようなあなたにぴったりな情報を発信するWEBメディアです。

こいきた | 恋する毎日が来る

お見合い

お見合い時の会話ネタ・質問内容・タブーの話題のまとめ

投稿日:

お見合いの際、ふたりきりになる機会はとても多いでしょう。あからさまに仲人さんが立ち去るという昔ながらのお見合いの時もありますが、婚活などでも二人で会話をしてどのような人か知る機会はとても多くなっています。
この時に話題に困ってしまうことは多いものですが、だからといってどのような話題でもいい、というようなことはまずありません。会話ネタにはタブーとなっていることもとても多いのです。


スポンサードリンク


お見合い回数や恋愛で相手と別れた理由

婚活やお見合いなどは一回で成婚、という人もいますが、その一方で何回もしている人もいます。このような人たちに対して、何回くらいお見合いをしたのか、どうして相手を断ったのか・断られたのか、ということを聞くのはよくありません。

成婚しなかった出会いについてというのは、質問内容としてはあまりに失礼すぎます。回数なども聞くことはなく、もし慣れない様子なら「初めてですか?」というくらいにとどめておきましょう。もし緊張しているようであれば「そうですね。僕も緊張しています」というような緊張に対してのフォローが必要になります。

性的な話・セクシュアルな話

将来的に子供がほしいかどうか、ということはとても重要な事なのですが、それ以外の性的な話はやめたほうがいいでしょう。

セクシュアルな話や性的な話は一切しない、というくらいがベターです。全く触れることがなくて当たり前、というくらいにとどめておくといいでしょう。会話ネタとしては最悪であり、互いに体目当て・浮気性などというような良くない見方をされます。ある程度仲良くなってからというのであれば構いませんが、そうではない初対面の時は一切そのような話はしないのに越したことはありません。

自慢話

基本的に話をつなげようとして、自分で話しやすい自慢話や趣味の話などが積極的に出てしまうこともあります。

これは自分が気持ちよく話をしていればいいので間が持ちやすいというメリットがありますが、一方で聞いている側はあまり楽しくないという非常に大きなデメリットもあります。すごいですね、と口先だけで言っていながら、内心ではこのような話に付き合わなくてはならないことがストレスになり、二度と会いたくなくなるという人もいます。

こだわりすぎる話・マニアックな趣味の話

お見合いの際は相手を見極めるときなのでついつい大きく見せたくなるかもしれませんが、自慢話や趣味についてのマニアックな話やこだわりすぎる話などは、むしろ聞いていて面白くない、自分を大事にしてくれなさそう、結婚生活の支障になりそう、などという考えを持たれます。

このため、なるだけ避けるようにしましょう。また一般的ではない趣味などもあまり話をしないほうがいい傾向があります。

愚痴・不満

愚痴や不満なども、会話ネタとしてはそぐわない話になっています。

相手に対する不満や『あなたはここがダメですね』というようなことをあからさまに言ってくるのはお見合い以前の問題ですが、自分の不満や愚痴をこぼすのも全く良いことではありません。タブーと言ってもよく、根本的によくないことです。

このため、そんなつまらない話は結婚してから、というくらいに割りきりましょう。

まとめ

とはいえ、タブーとなっている会話ネタや質問内容は、基本的にそこまで難しいことやひねくれたことではありません。普通でもそれなりに話をしていれば分かるようなマナーばかりですので、少し気をつければそのような地雷を回避することは結構簡単な事です。また、代わりになる話題もいろいろと準備しておけば、このような嫌われるような質問をわざわざするようなこともなくなります。ほんのちょっとの気遣いで大きく変わります。


スポンサードリンク

-お見合い

Copyright© こいきた | 恋する毎日が来る , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.