こいきたは毎日、恋をしたくなるようなあなたにぴったりな情報を発信するWEBメディアです。

こいきた | 恋する毎日が来る

お見合い

お見合い時の男性の服装、カバン、ネクタイの色などについて

投稿日:2015年2月9日 更新日:

お見合いの際に、男性でも女性でも着ていくものに迷うことはあるものです。男性の場合は一緒に持っていくカバンやネクタイにもこだわり、おしゃれ過ぎず、でも全く印象にも残らないのも寂しいものですね。では、どのような服装が良いのでしょうか。


スポンサードリンク


基本的にはスーツで、王道のフォーマル感を

基本的に男性の場合はスーツであることが多いお見合いの場ですが、もしあなたが極端にアーティスティックに見られたい、というような場合を除けば、基本的にスーツがベストですし無難なものです。

というのも、別にカジュアルに装うことも必要ではありません。その一方で、いかにも普段着というような服装だと相手の女性もがっかりしてしまうのです。ある程度改まったお見合いの席だからこそ、いつでもどこでも通用するスーツというのはとても良い選択ですし、その一方で非常に無難です。

また、女性の間でささやかれている言葉に、スーツマジックという言葉があります。これは、スーツを着ている人は普段の何割増かでかっこよく見える、というものです。少しでもよく見せたいお見合いの席ならば、より良く見える服装を選ぶのは戦略的にもとてもいいでしょう。

靴・カバンは無難でも清潔に

一方、靴やカバンである程度その人の収入や懐具合もわかってしまうのが、女性の目ざといところです。このため、基本的にはある程度のブランドものであることが好ましく、またお金を出してもいいのであれば、この際ですからフォーマルな革アイテムを思い切って新調してしまいましょう。選ぶときには販売員の人に、なるだけ無難でスーツに会うものを、というように伝えておきましょう。

仮に良い物は持っていなくても、革製の靴などを持っているという人はいるでしょう。この時に絶対に気をつけたいのが、革の状態です。
せっかくの高級ブランドでも、革が割れてドロ汚れがついていたりすると、当日ひどく雨が振ったというのでもなければ、まず女性は引いてしまいます。取っ手がボロボロのものや明らかにカビが生えているようなものは潔く処分してしまいましょう。

もし、少し気になるところはあるけれども手入れをすれば使えるかもしれない、というのであれば、リペアのお店や修理のお店に持ち込んで修理してもらいましょう。革を育てて風合いが変わるのを楽しむ、というのではない革の変質は見苦しいものですから、極力避けること大事です。

ネクタイなどの小物アイテムは財力の見せ所

お見合いの時に、相手の女性は非常にいろいろなことをチェックしています。このため、ネクタイの色が合っているかや、タイピン、カフスボタン、腕時計などもチェックされることが多いものです。

男性の場合、高価な腕時計を持っている人も多いものですよね。もし相手の女性に対して見せることが出来るあなたの魅力に財力があるのならば、ぜひブランド物の腕時計や小物は持っていきたいものです。身につけるアイテムもある程度はブランドものなどで統一することで、財力を魅せつけることができます。

その一方で、もしそれ以外の部分でというのであれば、アイテムごとの相性を重視しましょう。華やかな色味やビビッドな赤などは避け、ある程度の洒落っ気よりも、全体的に好印象を与えることが大事なことになってきます。

まとめ

お見合いというフォーマルな席の場合は、男性の場合は比較的小物にこだわるほうが良いといえるでしょう。また、極端なファッションではなくある程度万人受けするようなことも視野に入れておきたいものです。

ファッションセンスを魅せつけるのは二回目以降で充分ですから、まずは相手の女性に好印象を与えられるように、ということを考えておきたいものです。


スポンサードリンク

-お見合い

Copyright© こいきた | 恋する毎日が来る , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.