こいきたは毎日、恋をしたくなるようなあなたにぴったりな情報を発信するWEBメディアです。

こいきた | 恋する毎日が来る

お見合い

お見合いで男性から断るときのマナーの5つ

投稿日:

お見合いをしても話が弾まなかった、価値観が合わなかった、などという理由で断りを入れることがあります。男性からお見合いを断るときには、失礼がなく、相手を傷つけることがないように断りを入れなければいけません。ここでは、男性から断りを入れるときの5つのマナーを紹介します。


スポンサードリンク


早めに断りを入れる

初めてのお見合いでどうしてもこの人とは合いそうにない、というときは、なるべく早めに断りを入れなければいけません。この人とは合わないと思っていても連絡を取り続けていたり、何度も合ったりすると相手に自分に気があるのではないかという気を持たせてしまいます。

お見合い相手も真剣に結婚相手を探している方です。相手に悪いからと言って断りを先延ばしにしているとかえって相手に迷惑をかけてしまうことがあります。この人とは上手くいかないと思ったときは、早めに断りを入れましょう。

相手に対して失礼のないような言葉で断る

断りを入れることを決めたときは、どのような言葉で断りを入れるのかよく考えなければいけません。相手の容姿や年齢に関すること、家族の仕事などに関することが気になって踏み込むことができなかった場合は、そのことは断りの理由としてはっきり相手に伝えないほうが良いでしょう。

相手を傷つけてしまうことがあると思ったときは、言葉をしっかり選ばなければいけません。相手を傷つけてしまい恨みをかってしまうこともあります。縁があって出会った相手なので、断りを入れる入ときは、慎重に相手のことを思いやる言葉を選んで断りましょう。

仲介者がいるときは仲介者に断りを伝える

お見合いは、上司や親戚など当人同士の間に仲介者がいる場合があります。そのようなときは、仲介者に何も伝えることなく断りを入れては仲介人に失礼にあたります。断りを入れるときは、まずは仲介をしてくれた仲介者に価値観が違った、など断りの理由をはっきりと伝え、仲介者を通じて断りを入れたほうが良いでしょう。

熱心に相手を勧めてくれた仲介者に断りたい、ということを伝えるときはためらいが生じます。しかし、結婚は誰かのためにするものではありません。断りを入れるときは、遠慮なく自分の気持ちを正直に仲介者に伝えるようにしましょう。

自分の意思をはっきり伝える

お見合いの断りを入れるときは、自分の意思をはっきり伝えなければいけません。相手を傷つけないようにと曖昧な言葉や態度でいることは相手に対して失礼です。その言葉や態度がかえって相手に不信感や嫌悪感を与えることもあります。

結婚の意思がないということをはっきり伝えることはマナーの1つです。曖昧にするのではなく、自分の意思ははっきりと相手に伝えるようにしましょう。

メールや手紙で断りを入れない

最近は、連絡ごとは全てスマートフォンやパソコンのメールを利用する方が多いです。メールは時間を気にせずに送ることができるので、とても便利です。しかし、お見合いの断りを入れるときにメールを使用するのは失礼にあたります。

断りにくいので、手紙で断りを入れるという方もいるようですが、これも勧めることができる方法ではありません。断りを入れるときは、必ず電話か直接会うかで自分の言葉で仲介人や相手に自分の気持ちを伝えるようにしましょう。

簡単にすむからと言ってメールで断りはいれないようにしましょう。

まとめ

お見合いを男性から断るときは、断り方や言葉の選び方によっては、相手を深く傷つけてしまうことがあります。

まずは、相手の気持ちを考えて失礼のない断り方をすることが一番重要なマナーです。自分のことだけでなく、相手のこともよく考えてこの人とは合わないと思ったときは、丁寧に早めに断りをいれるようにしましょう。


スポンサードリンク

-お見合い

Copyright© こいきた | 恋する毎日が来る , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.