こいきたは毎日、恋をしたくなるようなあなたにぴったりな情報を発信するWEBメディアです。

こいきた | 恋する毎日が来る

お見合い

お見合いで交際の連絡がこない時には女性からしても大丈夫?

投稿日:

勇気を出して結婚相談所などを利用してお見合いをしたり、婚活パーティーなどに参加して、良い出会いに恵まれたとします。出会わなければ始まらないと言っても、出会いは単なる始まりに過ぎません。お互い交際したいと感じ、関係をスタートさせたとしてもうまくいかなくなることはもちろん考えられます。それは、一体何が原因なのでしょうか。


スポンサードリンク


いつも連絡するのはこちらで、相手から連絡が来ない。

もっと交際相手から連絡が欲しいと考えたことのある女性は少なくありません。一般的に女性の方が社会的なコミュニケーション能力が高いという傾向があります。男性の方では、会話や連絡などコミュニケーションが十分だと感じても女性からしてみるとまったく足りないと感じることはよくあります。

お見合いという状況以外で知り合い交際をはじめた場合でも、その男女間の認識の差によって喧嘩や問題が起きることもあります。最悪の場合は、別れの原因になることさえあります。たとえ出会いのきっかけがお見合いであっても、こうした悩みはつきものです。

女性から連絡すべきかどうか。

見栄を張ったり遠慮をしていても、決して幸せにはなれません。素直になることは、前向きに生きていくためには必要なことです。連絡をしなければどうしてもこの先後悔するという結論に至ったならば、女性からなんて、と思わずに連絡をすべきです。

しかし、何よりも大切なのは相手を思いやる気持ちです。仕事が忙しい、体調が悪い、あるいは単にまだ連絡しなくても大丈夫と思っている、など連絡がこない理由は様々です。

急いでこなさなければならない重大な仕事を抱えているときに、どうして連絡をくれないのか、こっちはこんなに待っているのにひどい、という内容を伝えたとして、相手が連絡したいという気持ちになるでしょうか。もっとメールや電話をしたい、という気持ちを伝えるのなら、相手を思いやる気持ちを忘れないようにしましょう。

女性にとって、とくに急ぎの用件ではないメールを打つことがまったく苦でなくても、とりとめのない話しをするのが苦手という男性は意外に多いものです。連絡がこないことを恨んで文句を言うのではなく、相手を心配しているという気持ちを伝えましょう。

時には待つことも大切。

お見合いという場で知り合った場合は、もしかしたら他に意中の相手がいるのでは?と、心配になることもあるかもしれません。連絡が来ないとなれば、プレッシャーのため疑心暗鬼になってしまっても仕方のないことですが、正式に断られるまでは、相手を信じるしかありません。

もし、相手が前向きな気持ちでない場合は仲人もしくは仲介人がそのことを伝えてくれます。相手はそもそも、結婚する気があるから結婚相談所などに登録しています。信じて、連絡を待つことも時には大切です。

相手を追い詰めるような態度に出ても、事態は好転しません。そのようにプレッシャーをかけてくる相手と一緒にいたいと思える男性なら別ですが、そうした人は稀です。たとえそのまま連絡が来なくなったとしても、こちらから見切りをつけることも必要です。

まったく連絡がこないということは、相手がそれほど乗り気でないと考えた方がよいです。時間をかければ結婚したいという気持ちになるかもしれないけど、という程度にしか相手が思ってないのなら、そのまま関係を続けるのかどうか見極めた方がいい場合もあります。ここまできたのに、とは考えずに更なる良い出会いに恵まれることを期待する方が建設的です。

まとめ

お見合い相手に、連絡をまったくしなくても相手に好かれ続けていると思っている男性はある意味、傲慢です。しかし、どうしても連絡したいという場合には後悔のないよう連絡をするべきです。

その際、相手を無視して自分の感情だけを押し付けるような、自己中心的な考えは慎むべきです。メールを返そうと思っているときに、返信を急かすような内容のメールが届くと気持ちが萎えてしまいます。

どんなときでも自分を労わってくれる優しい女性は、男性にとって癒しとなります。相手の都合を考えてあげることが最も大切です。


スポンサードリンク

-お見合い

Copyright© こいきた | 恋する毎日が来る , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.