こいきたは毎日、恋をしたくなるようなあなたにぴったりな情報を発信するWEBメディアです。

こいきた | 恋する毎日が来る

恋愛

恋の勇気が出ない時に読む勇気が出る言葉や名言

投稿日:

恋をしていると片思いであろうと両思いであろうと悩みはつきものです。勇気がでないときに名言を知ることで「言葉のもつ力」言霊を利用して勇気が出るようになるようになるでしょう。


スポンサードリンク


片思いで悩むとき:相田みつを

恋する気持ちを相手に伝える勇気がでないときにおすすめなのが「やれなかった、やらなかった、どっちかな」です。自分の気持ちを相手に伝えないままだと状況はほとんど進展しません。告白をしないまま離れ離れになってしまったり、相手が誰かと付き合ってしまったりと恋が成就しない場合があります。

自分が告白して駄目だった場合ならばスンナリと諦めがつきますが、何もしないでウジウジしている間に不完全燃焼で駄目になってしまった場合は何年経っても心の中で気持ちの整理をつけることは難しくなり、時間が経ってもふと後悔の念にとらわれることがあります。そんなときこそ「やれなかった、やらなかった、どっちかな」という言葉を心の中で唱えてみることをおすすめします。

失恋したとき:マザーテレサ

仮に勇気をだして告白しても駄目だった場合は「あなたは、あなたであればいい。」と心で念じましょう。振られてしまうと自分に魅力が無かったからだと責めてしまいがちですが、自分には自分だけの魅力があり、たまたま相手との縁が無かっただけだときっぱりと諦めましょう。

自分を魅力的に見せるために仕事や趣味にと努力を重ねることは有意義なことですが、無理に性格を変えたり自分の意に沿わない外見にしたりとする必要はないのです。大切なのは自分らしさを見失わずに、自分を信じて生きていくことでしょう。

相手のことで頭がいっぱいになるとき:シェイクスピア

両思いになって、相手のことが好きでいつも一緒にいたい、相手が何をしているのか常に気になってしまうというときは「ほどほどに愛しなさい。長続きする恋はそういう恋だよ。」という名言を心に思い浮かべると良いでしょう。

相手のことが大好きでも、気持ちを抑えてほどほどに留めておかないと相手の重荷になってしまうことがあります。長続きする濃いとはお互いが一緒にいて楽しいと思えて激しい愛情を持っていることも大切ですが、何よりも一緒にいて心が安らぐかどうかが大切です。

特に結婚生活を長続きさせるには大事でしょう。相手と一緒に生活する勇気がでないときにおすすめです。

子どもから大人へ変わるとき:美輪明宏

「恋とは自分本位なもの、愛とは相手本位なもの。」という言葉は、子どもから大人へと自分が成長していく中で徐々に実感できる名言でしょう。若い頃はどうしても自分を中心に物事を考えてしまうため、付き合っている相手が自分に何をしてくれるのか期待したり、相手が自分に合わせて予定を組んでくれたりすることを願ってしまう傾向が強いといえます。

しかし本当に相手のことを愛している場合は、相手のために自分が何をできるかを考えて相手のために動くことができます。そのため、倦怠感を感じていたりケンカばかりで相手と上手くいかないのではというときは相手のために行動する心を持ちましょう。そうすれば勇気が出るため相手との関係を向上させる効果が期待できるでしょう。

まとめ

このように経験豊富な先人たちの意見を参考にすることは大変有意義で、恋に悩む若者達の心強い味方となってくれるでしょう。勇気がでないときでも言霊の力を利用して自分の心を奮い立たせて勇気が出るようになるでしょう。

一日一回でも良いので手帳に書いたり超えに出してみたりして、自分の心に刻み付けましょう。男性でも女性でも、幅広い年代の人に勇気や力を与えてくれるでしょう。インターネットや読書をして多くの知識を得るのがおすすめです。


スポンサードリンク

-恋愛

Copyright© こいきた | 恋する毎日が来る , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.