こいきたは毎日、恋をしたくなるようなあなたにぴったりな情報を発信するWEBメディアです。

こいきた | 恋する毎日が来る

恋愛

恋の始まりと終わりのパターンについて

投稿日:

世の中には様々なかたちの恋愛があります。どんなにお互いの相性がよくても、うまくいかないことももちろんあります。恋愛には様々な始まり方があります。よくある少女漫画などで、朝学校に遅刻しそうになって道を走っていたら、偶然イケメンと衝突し、それが出会いの始まりだった、なんていうパターンがあります。

実際に、こうした出会いがうまくいく確率は不明ですが、心理学では「吊り橋効果」と、いう言葉があります。人は生理的に興奮することで、恋愛しているということを認識しているのではないかという説があり、揺れる吊り橋の上でのどきどき感を共有することで、その感情が恋愛に発展させる効果があるのではないかという理論です。
実際の始まりにはどんなものがあるでしょうか。


スポンサードリンク


恋のはじめりに必要なものとは

単純な話しですが、相手が必要です。学校の友人、職場の同僚、飲み会や合コンで出会った人、その相手は人によって様々です。もうすでに相手がある人を好きになってしまうことだってあります。さらには、アニメのヒーローやヒロインに心底惚れてしまうことだってあるでしょう。恋のはじめりは自分で選べるものではありません。

恋はするものではない、落ちるものである、と言った人もいるくらいです。叶わないとわかっていて、相手を好きになってしまうことは悲しいことかもしれませんが、運命の悪戯とはよくいったもので、自分の気持ちを制御できないこともあります。

出会いや関係は人によっていろいろ

短い期間に情熱的に燃え上がると、その分冷めてしまうのが早いことがあります。よくある熱しやすく冷めやすいという状態です。一目ぼれという言葉があります。一目見ただけで相手を好きになってしまう場合があります。直感や思い込みが強い人ほど、そうしたことは多いと考えられます。

初対面の印象が最悪であれば、交際にまで発展することは難しいことが多いです。その一方で、初対面の最悪だった印象をうまく払拭できれば、普通以上に好きになってしまうことも考えられます。親切にしてくれた相手に好意を抱くのは当たり前です。落し物を届けてくれた人を、好きになってしまうことがあります。気分が悪くなって介抱してくれた人に、感謝を伝えたいという気持ちがきっかけで恋が始まることはよくあることです。

不親切な人が好き、何もしてくれない人が好き、という人も中にはいるかもしれませんが、あまり一般的ではありません。

終わり方のいろいろ

何事にも始まりがあれば終わりもあります。最初だけ情熱的に盛り上がって、後はおざなりな態度になってしまい、相手に振られてしまうということがあります。自分にそのつもりはなくても、相手にしてみれば、釣った魚には餌をやらないと思われてしまいます。

他には馴れ合いすぎてしまって終わってしまうパターンもあります。刺激的な生活を求める相手に、いつも同じ態度では飽きられてしまいます。相手が重荷になってしまうケースも考えられます。一方が結婚したいと熱望していても、もう一方にその気がなければ二人の将来感には大きな相違が生まれます。

まとめ

様々な出会いや別れがあるからこそ、人生は面白く深みのあるものだと考えることができます。悲しいことですが、愛する人との別れは誰も避けて通ることはできません。その原因が、浮気や相手の心変わりということもありますし、相手が突然病死や事故死してしまうことだってあります。そうなれば、関係を継続することはできません。

結婚式の誓いの言葉に、死が二人をわかつまで、という言葉がありますが、その言葉のとおり、死によって必ず別れは訪れます。そこまでお互いが深く結ばれたのなら、逆に喜ぶべきことなのかもしれません。


スポンサードリンク

-恋愛

Copyright© こいきた | 恋する毎日が来る , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.