こいきたは毎日、恋をしたくなるようなあなたにぴったりな情報を発信するWEBメディアです。

こいきた | 恋する毎日が来る

恋愛

恋の勘違い~男女別の名言集

投稿日:

恋愛においては多くの勘違いがあります。男と女は考え方も違いますし、物事に関する感情も違いますので、様々な場面においてすれ違いや行き違いも多いです。

また、喧嘩ばかりするカップルがいるのもこういった背景があるからだと言えます。多くの恋愛経験を積めばある程度異性のことは理解出来てくるものですが、それでも完璧に理解することは出来ず、そういった部分が男女の関係を滑稽にしているとも言えるのです。男女別に勘違いを連想させる名言もありますし、行動の違いなどで両極端な例もあり、非常に奥が深いのです。


スポンサードリンク


「あの人は私がいないとだめなのよ」という女性は、その男性の本音を理解していない。

自分の夫や彼氏に対して、いかにも自分がいないと自分の旦那もしくは恋人は何も出来ないという言い方をする女性がいます。こういう女性は、その男性が完全に自分のことを信頼して好きだと思っているのだと思いますが、毎日毎日このように言われていると、だんだん男性は嫌悪感を抱くようになることもあるのです。

女性が強くなったとはいえ、やはり多くの男性はプライドを持っています。従ってそのプライドを考えず、自分の手のひらで旦那や彼氏を転がすタイプの女性は、そういった男性の本質を理解していないとも言えます。

よく目が合う女性は自分に気があると男性は考えるが、それは間違いである。

恋愛において男性は気になる女性がいた場合、その女性の目を見て話をします。また、攻略できるであろうと予測した相手の目もよく見ます。従って男性のそういう行動を感じた女性は、その男性は自分に好意があると思ってほぼ間違いないのです。

しかし、逆は違います。つまり女性が男性と話す際に目を見て話してきても、それだけで自分に気があると思ってはいけません。女性は好きで好意を持っている男性がいた場合でも、多くの場合は受け身なため、自分からは積極的に動かない場合が多いです。

自分に言い寄ってきた男性を観察し、自分にふさわしいかどうかを見極めようとしますので、話をする際には相手の目を見るのです。このような男女の違いを知っておかないと、恋愛の場においては男性はとんだ勘違いをしてしまうこともあるのです。

目を見て話さない心理にも男女間で差がある。

男性は目を見ずに話をしたり、もしくは女性のほうを振りかえってきちんと見ないような場合は、大半が興味がない証拠といえるでしょう。このように、男性の行動というのはストレートで分かりやすいのです。

また、相手のことを手強いと認識しているような場合は、緊張して目をそらすこともあります。一方、女性は、目を見て男性と話さない場合、興味がないか逆にめちゃくちゃ好意があるかの両極端なのです。男性同様、興味のないものは見ない傾向にありますが、とても気になって、好意がある相手の場合、目を見られないほど緊張して、相手と目を合わせられないといったこともあるのです。

要するに、男性が女性を見るのはその女性を攻略するためで、女性が男性を見るのは観察のためということが出来ます。このように同じ目を見るという行為でも、男女によってこれほど意味が違うのです。

まとめ

このように男と女は永遠に理解出来ない部分があるのです。しかしそういった部分も恋愛の醍醐味ですし、お互い異性に惹かれる魅力なのです。自分にない感性を持った相手と会話をすると新たな発見があることもありますので、その興味は尽きません。

長く一緒に夫婦で住んでいてもお互いを理解できないこともあるのですが、そこはお互い異性のことを尊重しつつ人生を生きているのです。勘違いにいちいち腹を立てず、笑って過ごすようにすれば勘違いも男女間のいい潤滑油になったりもします。


スポンサードリンク

-恋愛

Copyright© こいきた | 恋する毎日が来る , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.