こいきたは毎日、恋をしたくなるようなあなたにぴったりな情報を発信するWEBメディアです。

こいきた | 恋する毎日が来る

恋愛

恋が冷めるまでの期間、冷める原因について

投稿日:

すごく大好きだった人への気持ちが、気が付いた時には何もなくなっていたなんてことはありませんか。きっとそれまでに二人の間には、恋心がなくなってしまうような出来事があったはずです。

その瞬間に気付ける人もいれば、気持ちが冷めるまでわからない人もいるでしょう。そしてその瞬間は、片思い中でも、交際中でも、結婚してからだって起こる現象なのです。それでは、恋が冷めるまでの期間や原因について考えていきましょう。


スポンサードリンク


片思い中の場合

まだ気持ちも伝えていないけれど、大好きな人がいる片思い中。相手の言動がひとつひとつ気になってしまい、夢中で観察してしまうますよね。

好きになったばかりの頃は、相手の素敵な面に惹かれている時なので、まだ相手の様々な面を知りません。知らないからこそ、妄想や幻想が勝手に一人歩きをし、相手を美化しすぎてしまうこともあるでしょう。

そして、相手をみてるからこそ気付いてしまったちょっとした短所に、一気に恋が冷めてしまうことがあります。そんな人ではないはずと、勝手に思い込んでいた理想像とのすれ違いに気持ちがついていかないのです。

まだ付き合ってもいないので、相手にほとんど迷惑を掛けることもありませんが、すでにデートを重ねていたり相手がその気になってしまっていてからですと、少し残念な瞬間になってしまいます。人には長所があれば短所もあるでしょう。

お付き合いをしてみなければわからないこともありますので、片思い中はなるべく柔軟な考えで相手をみつめた方が受け入れられる許容範囲が広がるでしょう。

交際中の場合

交際期間が短いうちに恋が冷めてしまった時は、相手の長所や素敵なところしかみえていなかった為、想像してた人と違ったと思ってしまうケースが多いでしょう。

本当ならば、お付き合いに発展する前にある程度お互いにさらけ出しておけるといいのですが、友達から恋人になったケース以外はなかなか難しいのかもしれません。悪いところもみえてきたということは、二人の距離も縮まって仲が深まった証拠でもあるのですが、ショックを乗り越えられず別れを選ぶ人もいます。

反対に、交際期間が長いけれど、恋が冷めてしまった時は、相手を受け入れてはきたけれど、どうしても許せない面が積み重なったり、どちらかが心変わりをしてしまったり、思いやりを持てなくなったケースです。

話し合ったり気持ちを伝え合ってはきたけれど、もう修復がつかないほど冷めるような言動があった時に、別れてしまうのではないでしょうか。

結婚してからの場合

共に人生を歩む決断をしたのにも関わらず、恋や愛が冷めてしまう時は、環境や生活の変化から起こるケースが多いです。キャリアウーマンだった女性が専業主婦になったり、出産をして子供が出来た時、夫の言動に許せないことが出てきたりもします。

反対に、夫は妻の結婚前と変わっていく姿に違和感を感じるかもしれません。結婚をすると、交際中のような甘い時間は減ってしまうのが現実です。そんな中で、外に刺激を求めて浮気なんて発覚してしまったら、それこそ一気に冷めてしまいます。

結婚後は生活やお互いの変化を二人で乗り越えていけないと、今まで育んできた気持ちが冷めてしまうこともあるので、気を付けていきたいものですね。

まとめ

男女の関係がなんであれ、恋が冷める瞬間は好きな気持ちがあればいつでも訪れる可能性があります。どんなに好きだと思っていても、気持ちの変化に気付いた時にはもう手遅れなくらい冷めてしまっていたら、あなたはどんな選択をしますか。

相手を受け入れる器の大きさは人それぞれですが、もしも好きな人がいるのであればその気持ちを大切にしていきたいですね。


スポンサードリンク

-恋愛

Copyright© こいきた | 恋する毎日が来る , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.