こいきたは毎日、恋をしたくなるようなあなたにぴったりな情報を発信するWEBメディアです。

こいきた | 恋する毎日が来る

恋愛

恋のタイミングを逃す5つの理由

投稿日:

毎日プライベート、仕事、趣味と充実はしていたけれど、気付いたら周囲の友人や同僚には恋人ができているのに、自分は片思いすらしていなかったなんてことはありませんか。

もしかしたら、すぐ近くまできていたのかもしれない恋のタイミングを、気付かずに逃していた可能性もあります。あの時にこうしていればよかった、もしかしたら好意を抱いてくれていたのかもしれないなど、これから後悔しない為にも、恋のタイミングを逃す理由を考えていきましょう。


スポンサードリンク


仕事が忙しい

朝から晩まで仕事漬けの毎日で、プライベートタイムを全く作れない時もありますよね。せっかく連絡をくれた異性がいたとしても、メールを見ただけでほったらかしてはいませんか。余裕がないのはわかりますが、相手にはなぜ無視をされているのかがわかりません。

自分の状況を伝えるために一度はしっかり返信しましょう。食事やデートのお誘いでしたら、自分に余裕が出る時がくるまで待ってもらえるようにお願いしておきましょう。自分に好意を持ってくれている相手だったら、きっと待っていてくれるはずです。

趣味ばかりを優先した生活をしている

仕事が忙しい人と同じく時間がないタイプですが、プライベートタイムをすべて自分の好きな時間としてで使っているので調節は可能です。

趣味に没頭するあまり、調節出来そうな日でもお誘いを断ったりしてはいませんか。異性からみて素敵な趣味を持っていてモテたとしても、相手と共有する時間をしっかりと作れない人は恋のタイミングを逃してしまうでしょう。好きなことを続けながら、プライベートタイムの見直しが必要です。

夢を追い続けている

夢を追うことはとてもいいことですし、時には恋人を作る暇もなく努力を続ける人が多いでしょう。

恋愛がはじまったとしても、夢の為に留学をしたり遠距離になってしまったりと仕方のない状況になってしまう人もいるでしょう。辛い選択ですし、どちらを選ぶかはとても難しい問題ですが、その時の自分の気持ちに従うといいでしょう。

同性の友人とばかり一緒に過ごす

時間がある時、毎週末は必ず仲良しの友人と過ごしてはいませんか。気の合う同性と過ごすのは、居心地もいいですしとにかく楽です。しかし、このぬるま湯にいつまでもつかっていると、異性との素敵な出会いやハプニングは起きにくくなります。

このタイプは、楽しい時間を過ごしてしまう為に気が付かない人が多いのですが、充実した時間を過ごしながらも恋のタイミングは逃し続けているといえます。友人との時間はもちろん大切にしていいのですが、いつも同じ過ごし方ではなく、一緒に合コンや飲み会に行ったりしてみるといいでしょう。

自分に自信が持てなくて行動に移せない

好きな人がいて片思いをしていたり、デートや食事に誘ってくれる異性がいるのに、どうしても一歩を踏み出せないということはありませんか。振られてしまって傷つくのは嫌だから告白なんて出来ない、デートをして楽しくないと思われたくない、もう少しダイエットできたら誘ってみようなど、相手の気持ち以前に自分の中だけで終わらせてしまってはいないでしょうか。

好きな気持ちが芽生えてる時点で、あともうひと頑張りなのに、自らタイミングを逃すようなネガティブな考えは追い払いましょう。

まとめ

好きという気持ちが自分には芽生えていなくても、相手が行為を抱いてくれているだけでもチャンスは近くまできているのです。わかっていながらスルーするならまだしも、気付かなかったことに後で後悔するのは本当にもったいないですよね。

恋はしたい時にできる訳ではありません。近くまできている幸せは、逃さずに掴み取っていきたいですね。


スポンサードリンク

-恋愛

Copyright© こいきた | 恋する毎日が来る , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.