こいきたは毎日、恋をしたくなるようなあなたにぴったりな情報を発信するWEBメディアです。

こいきた | 恋する毎日が来る

離婚

離婚の苦しみや悲しみを乗り越える方法

投稿日:

離婚をするときは結婚するときの倍以上のエネルギーを費やすといわれています。原因が難にせよ相手や自分を責めてしまい苦しみや悲しみといった負の感情で心が満たされることがあるため、乗り越える方法を実行していき新しい人生への再スタートを切りましょう。


スポンサードリンク


負の感情を否定しない

離婚した直後は何とか気持ちを立て直そうと思い無理をしがちです。苦しみや悲しみを感じてもそれを否定して気持ちを押さえ込もうとしてしまいますが、そうすると余計ストレスも溜まって心身の健康に支障をきたす恐れがあるため、無理に気持を否定するのは避けましょう。

特に涙を流すと心のストレスが軽減する事が科学的にも立証されているため、涙を流したい時は我慢しないで自然の流れに身を任せましょう。仕事中に突然泣き出すのは我慢する必要がありますが、自宅に戻って一人の時間になったら何も我慢する事はありません。素直な感情を持つことが大切です。

未来について考える

離婚直後はどうしても過去について考えてしまいがちです。どうしてあんな人と結婚してしまったのだろう、どうして離婚に至ってしまったのだろうと頭の中に「どうして」が増えて後悔してしまいがちです。

しかし過去は変えることが出来ないため、考えるだけ時間がもったいないのです。そんなときは明るい未来にどうしたらなるのかと言う、建設的な考えに時間を費やすとよいでしょう。

仕事に力を入れる

離婚をすると引越しや財産分与などで多くのお金が失われがちです。そのため今まで以上に仕事に力を入れるのがおすすめです。単純な話になってしまいますが、仕事をすれば給料がもらえて生活は安定します。

また、忙しくしている間は余分なことを考える余裕がなくなるため落ち込みにくくなります。子どもがいる場合は仕事ばかりにかまけているのは問題ですが、バランスをとりつつ仕事に力を入れるのがおすすめです。

新しい恋をする

子どもがいなくて離婚した場合は、気ままな一人暮らしに戻るため新しい恋に再チャレンジしてみるのも良いでしょう。最近では結婚相談所で中高年を対象にしたお見合いパーティーが組まれるなど、何歳になっても恋をしようと考える人たちは珍しくありません。

恋人同士にならなくても、片思いをしているだけで心はときめき幸せな気持ちを得ることが出来るため、明るい気持ちで心を満たすことが出来るでしょう。

場合によっては芸能人などのように非現実的な相手に片思いをしても良いでしょう。実際に付き合ったり話したりする事は出来なくてもテレビ画面で顔を見るだけで胸がときめいて幸せな気持ちになることが出来るでしょう。

時間をかける

失恋の痛みは時間の流れが解決してくれるという名言があるとおり、離婚の苦しみや悲しみといった負の感情も長い時間をかければ徐々に解決してくれることがあります。人間というものは、良くできているもので時間の経過で、良かった記憶、良くなかった記憶も薄れていくものです。

そのため今は苦しくても、いつかは楽になるんだという気持ちを持てば気持ちが楽になるでしょう。

また、子どもを引き取った場合は子どもが大きくなるにつれて自分の時間を持てるようになり、趣味や恋にと楽しむことが出来るようになるため、長い時間を見て物事を捉えるのはおすすめです。

まとめ

このように乗り越える方法はいくつもあります。子どもがいる場合といない場合では少々おかれた状況は異なりますが、離婚によって生じる心の痛みは誰もが持つものなので、乗り越える方法を試してみて気持ちを前向きにするように心がけると良いでしょう。

いつまでも苦しみは続かないため、思いつめないようにしましょう。最近はバツイチもバツニも珍しくない時代になってきたため、バツがついたからといって引け目を感じずに過ごすことが大切です。自分らしさを見失わず、明るい未来を思い浮かべましょう。


スポンサードリンク

-離婚

Copyright© こいきた | 恋する毎日が来る , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.