こいきたは毎日、恋をしたくなるようなあなたにぴったりな情報を発信するWEBメディアです。

こいきた | 恋する毎日が来る

失恋

男性の失恋の痛みの期間と痛みが消えないときにする4つのこと

投稿日:

失恋をしたらとても辛いものです。辛いのは女性だけというイメージが強いですが、男性でも失恋はとても辛いものです。長く付き合った分だけ、辛い時間は長くなるものです。痛みの期間や、痛みが消えないときにする4つのことを紹介していきます。


スポンサードリンク


失恋の痛みの期間

失恋をした場合は、どんな人でもしばらくは立ち直ることができません。辛くて何も手につかないものです。何もやる気がなくなり、涙ばかり出てくるのです。そんな時は、我慢しないで泣くことが大切です。おもいっきり泣くことで、ストレスを発散することができるのです。

男性だからと言って泣くのを我慢することはありません。とにかくおもいっきり泣くことで、悲しみの少しずつなくなっていくものです。長い人は数ヶ月悲しみを引きずるようです。

しかし、気持ちの切り替えが上手な人は、一週間もしないうちに元気になることができます。いつまでもうじうじと悩んでいては、幸せがどんどん遠ざかってしまいます。幸せになりたい気持ちがあるのであれば、思いっきり泣いて、あとは前向きに行動を開始することが大切です。

何かに没頭する

失恋の痛手から開放されるためにすることの一つ目は、何かに没頭することです。何か自分の好きなことに没頭することで、悲しみもいつの間にかどこかへ行ってしまうものです。

自分が今まで気になっていたことや趣味など、自分が夢中になれることを探して、没頭するのです。没頭することでとても楽になれます。一人で部屋で悩んでいるより、とても楽になることができます。

女性と二人で出かける

女性の友達と二人で出かけることで、また新しい恋をしたいな、と感じることができるようになるものです。異性と二人きりで出かける楽しさを思い出すことができますし、またこんな風にだれかと一緒に歩きたいと思うものなのです。

失恋をしてからも、異性と二人で出かけるようにしておくことで、次に誰かと付き合ったときに感覚を忘れてしまっていることがありません。

出会いを求める

やはり新しい出会いが、辛い気持ちも癒してくれるものです。新しい出会いがあれば、前の彼女のことも自然と忘れていくものです。出会いを求めるためには、合コンにいったり女性を紹介してもらったりします。紹介してもらううちに、素敵な出会いが必ずやってきます。

積極的に外出する

辛いときは、家に閉じこもりがちになってしまいます。しかしそれではいつまでたっても辛いだけです。積極的に外出して気分転換することが大切です。一人でも友達とでもいいので、普段は行かないような高級なレストランにいってみたり、おしゃれなバーにいってみたりします。

家に閉じこもっていることに比べたら、新しい刺激ももらうことができるのでとてもおすすめです。そのような場所で新しい出会いがある可能性もあります。さらに、いろいろな場所に出かけることで、ストレス発散することもできます。いろいろな場所に積極的に出かけることで、自然と失恋のことも忘れてくるものです。

悲しい気持ちもわかりますが、いつまでも家にこもっていて、同じ空気ばかりすっていたら、いつまでたっても明るい気分になることができません。積極的に外出して、いろいろな人に会ったり、いろいろな場所から刺激をもらうことで新たな目標も自然と見つかるものなのです。

まとめ

失恋は男性にとってもとても辛いものです。しかし、いつまでもくよくよしていては前に進みません。すぐに次の出会いを求めて、前向きに歩き出すことが大切なのです。

前向きに歩いていれば、自然と次の素敵な出会いがやってきます。いろいろなところにいって、新しいことにチャレンジしていれば、自然と辛さも消えていくものです。


スポンサードリンク

-失恋

Copyright© こいきた | 恋する毎日が来る , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.