こいきたは毎日、恋をしたくなるようなあなたにぴったりな情報を発信するWEBメディアです。

こいきた | 恋する毎日が来る

失恋

失恋から立ち直るまでの期間と立ち直る方法

投稿日:2015年2月23日 更新日:

失恋から立ち直る方法はいろいろとあります。立ち直る期間も人それぞれです。大切なのは無理に忘れようとしたりしないことです。無理に忘れようとする必要はありません。

そのようなことをしても、余計辛くなるだけです。上手に立ち直ることができれば、短期間で失恋の痛手を忘れることができるものなのです。


スポンサードリンク


新しいことにチャレンジをする

失恋の辛さを忘れるためには、新しいことにチャレンジすることが大切になってきます。新しいことにチャレンジをしているうちに、だんだんと失恋の辛さから開放されてきます。

もちろん、まだ悲しくて何もやる気が起こらないうちは何もする必要はありません。少し気持ちが落ち着いていて、心に余裕がうまれてきてからでいいのです。少し心に余裕が生まれてきたら、今までしてみたかったことや、挑戦したかったことに挑戦してみます。

今まではデートをしていた時間がたっぷりとあるはずなので、自分の時間もたっぷりとできるものです。新しいことにチャレンジをしていると、自然と悲しみもなくなっていくものです。

自分の好きなことをひたすらする

今までは、デートなどに時間をとられていてなかなか自分の時間を持つことができなかった人も多くおられると思います。そのため、自分の好きなことを思う存分するのです。映画を観にいってもいいですし、読書に没頭してもいいのです。

さらに、取りたい資格があるのであれば、その資格の勉強をしてもいいのです。とにかく自分の好きなように時間を使うことができるので、自分の好きなことをおもいっきり楽しみます。そうすることで自然と時間も流れていくものです。

失恋をした直後というのはしばらく辛いものですが、どんな恋であってもしばらく時間がたてば忘れていくものです。せっかくの時間なのですから、自分の好きなことをする時間にあてることをおすすめします。

合コンにいく

失恋から立ち直るためには、次の恋愛をするのが一番です。少し気持ちが落ち着いてきたら、すぐに合コンなどに参加をして出会いを求めることをおすすめします。新たな出会いがあれば、自然と前の彼女や彼氏のことは忘れていくものです。

新たな出会いによって、新たな刺激をもらうことができるのです。新しい出会いによって、交友関係もさらに広がります。合コンの場は、たくさん人が集まりますし、わいわいと大勢で騒ぐのが好きな人にはたまらなく楽しい場でもあります。

多くの人とお酒を飲みながら、楽しく冗談を言い合っているうちに悲しい気持ちはどこかへ飛んでいってしまうものです。そして、新しく出会った異性と付き合うことになるかもしれません。新たに出あった異性から、新しい刺激を受けることで人生がより豊かなものになります。

自分の辛い気持ちを書き出す

辛い気持ちを友達や家族に話してもまだ辛いという人は、全て気持ちを紙などに書き出すことをおすすめします。とにかく自分の中に溜め込まないことが大切です。紙に書き出したり、パソコンに打ち込んだりして、すっきりとさせるのです。

もちろん気がすむまで友人などに話すのも一つの手です。しかし、あまりにもだらだらと話されても友人も大変です。友人に思いっきり話したあとは、自分で紙に書き出すなどしてストレスを発散することも大切なのです。

まとめ

このようなことをしていれば、自然と失恋の悲しみから開放されて立ち直ることができるものです。長く付き合っているほど、失恋は悲しいものです。しかし、いつまでもふさぎ込んでいては幸せはやってきません。

前向きに生きていれば、必ず次の幸せがやってくるものなのです。次の出会いを期待しながら、自分磨きをしていれば自然と運命の人と出会うことができるものです。


スポンサードリンク

-失恋

Copyright© こいきた | 恋する毎日が来る , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.