こいきたは毎日、恋をしたくなるようなあなたにぴったりな情報を発信するWEBメディアです。

こいきた | 恋する毎日が来る

失恋

失恋して怒りや悲しみを抑える5つの方法

投稿日:

失恋したときにまず襲ってくるのは悲しみでしょう。恋人が自分の元から去ってしまった喪失感が心を支配し、その次には恋人もしくはふがいない自分自身に怒りの感情を持つこともあります。悲しみも怒りも自然な感情ですが、日常生活に支障をきたすような場合はある程度気持ちを抑える方法を実行することも必要です。


スポンサードリンク


身近な誰かに気持ちをぶちまける

友人や家族など、身近な誰かに自分が抱える気持ちを聞いてもらいましょう。一人で抱え込むより誰かに聞いてもらった方が慰めやアドバイスなどを貰うことが出来るため、気持ちを落ち着ける効果が期待できます。

もし身近に誰もいないときはノートなどに失恋のショックを書きなぐってみるのもよいでしょう。大切なのは心のもやもやを外に向けて発散することです。そうすると少しは心が軽くなり感情を溜め込むことが無くなります。

食べる

気持ちが落ち込んだりイライラするときは、美味しいものを食べましょう。失恋のショックで食欲がないと思っていても、好物を目の前にすれば自然とお腹は減るでしょう。お腹がいっぱいになると不思議と気持ちが落ち着くことが多く、悩みが少し小さくなるように感じます。失恋した時くらいは少し自分に甘くなって、カロリーが高いものや甘いものなど普段我慢しているものを思い切って食べてしまいましょう。

運動する

美味しい食べ物を食べて気持ちをある程度落ちつけたら、今度は体を動かしてみましょう。普段からスポーツをしている人はもちろん、インドア派の人でも思い切って外に出てウォーキングをしてみると気持ちが晴れることが多くあります。特に緑が多い公園や都会の喧騒から離れた郊外などに足を運んでみると、ストレス発散効果が期待できるためささくれ立った気持ちを静める効果が期待できます。

出かけるのが面倒ならば部屋の中でDVDや動画サイトを見ながらエクササイズをするのもよいでしょう。食べ過ぎて太った体を引き締めつつ、心身のストレスを発散させることが可能です。怒りの感情が強いときは、思い切って元恋人の顔を思い浮かべながらボクササイズをしてみるのも効果的です。気持ちのこもったパンチやキックなどをして、心を晴れやかにすることが出来るでしょう。

1つだけ好きなものを自分に買ってあげる

今まで欲しくても我慢していたアクセサリーやカバンなど、思い切って自分に1つだけ買ってあげるのもよいでしょう。嬉しさから失恋で得た負の感情を打ち消す効果が期待できます。あまり高価すぎると生活を圧迫してしまうため、自分が無理なく購入できる金額内で欲しいものを考えてみましょう。

元恋人から貰ったものを処分する代わりに新しいものを購入するというのも良いでしょう。アクセサリーやペアで使っていたけれどもう使いたくないものなど、付き合っている期間が長ければ長いほど思い出の品は増えていくため、もう使いたくないものを新しく買い換えてみるのもおすすめです。

趣味の時間を持つ

自分が大好きな趣味の時間を沢山作るとよいでしょう。カラオケに行って熱唱したり、料理や編み物が好きな人は手のかかるものを作ってみるのもおすすめです。趣味が無いと言う人はドライブや散歩などでもよいため、自分が心地よいと感じる時間を意識して作ってみると心を穏やかにすることが出来るでしょう。

まとめ

このように失恋をして怒りや悲しみを沢山抱え込んでしまっている場合でも、前述した気持ちを抑える5つの方法を実践してみれば自分の気持ちを整理して落ち付ける事が出来るでしょう。そうすれば人生にきちんと向き合うことが出来て、人間として成長する事が可能です。


スポンサードリンク

-失恋

Copyright© こいきた | 恋する毎日が来る , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.